アドセンスのパーソナライズ広告とは何ですか?

目安時間:約 4分

【質問】

 

アドセンスのパーソナライズ広告とは何ですか?
(旧インタレストベース広告)
広告の種類はどんなものがありますか?

 

【回答】

パーソナライズ広告はユーザーの興味、関心、属性に合わせた広告を表示し
そのサイトを見ている人の、過去の閲覧履歴、ブラウザに蓄積されたデータ
検索したキーワードからその人が最も関心・興味のある広告を表示するものです。

 

(AdSense ヘルプ引用)
パーソナライズ広告(旧インタレスト ベース広告)は、
広告主様がユーザーの興味、関心、属性(「スポーツファン」など)や、

その他の情報(詳細はこちら)
に合わせた広告を表示できるフォーマットです。

 

パーソナライズ広告は、ウェブサイトのより効率的な収益化に役立ちます。
また、広告主様から見れば広告の価値向上につながり、
ユーザーから見ても利便性の向上につながります。

 

 

例えば、ペットが大好きな女性がいつも見るサイトは
可愛いペット用品や、愛犬のしつけ方法、ペット同伴可能ホテルなど
ペット関連サイトの閲覧履歴が多い女性がいたとします。

 

その人がクレジットカードを作る必要があり、
クレジットカード比較サイトを見ている時
本来であればアドセンス広告はwebサイトに関連した
広告が表示されるはずですので(コンテンツマッチ広告)
クレジットカードの広告が表示されるはずでしょう。

 

しかしパーソナライズ広告は、過去の閲覧履歴やキーワードから
ペット関連の広告を表示します。
クレジットカードを探しているのに関心のあるペットの広告が出て
女性は思わずクリックしてしまう。。
この広告がパーソナライズ広告(旧インタレスト ベース広告)です。

 

アドセンス広告の種類は、

・コンテンツマッチ広告とは
サイトに関連した広告がは表示される。

・パーソナライズ広告(旧インタレスト ベース広告とは
閲覧履歴から興味・関心が高い広告が表示される。

 

広告はコンテンツマッチ、パーソナライズと選べますが
片方に偏ると収益が伸びない傾向にありますので、
初期設定のままコンテンツマッチ広告とパーソナライズ広告は
併用したほうがよいでしょう。

 

アドセンスのパーソナライズ広告は、
我々アドセンスサイト管理者・広告主の双方にとっても
メリットがある広告です。

 

■まとめ
アドセンス広告の種類は、コンテンツマッチ広告と
パーソナライズ広告がある。

 

サイトに関連した広告を表示するコンテンツマッチ広告と
閲覧履歴から興味・関心が高い広告を表示する
パーソナライズ広告は併用した方が収益が上がりやすい。

 

以上です。

唯一の推奨商材
プロフィール

大福です。アドセンス収益累計200万突破しました。
なんでみんなやらないんだろ?って思うほどカンタンです。
アドセンスで稼ぐ方法を無料で公開しています。

プロフィール詳細
Google検索第一位を獲得

当サイトは
【有料キーワードツールアドセンス】
複合キーワード109000件の中から
記事公開わずか3日で
Google検索第一位を獲得しました。
カテゴリー
人気ブログランキング

ページの先頭へ