アドセンス特定の広告のブロック設定方法を教えてください。

目安時間:約 5分

【質問】

 

アドセンス特定の広告のブロック設定方法を教えてください。
複数サイトあるので、ジャンルの違うサイト単位で指定した広告をブロックできますか?

 

【回答】

広告のブロック設定方法は
管理画面【広告の許可とブロック】の中にある

広告主のURL / 一般カテゴリー / デリケートなカテゴリー

から必要なタブを開きます。
広告主のURLを指定してブロックする場合は
ブロックしたい広告主のURLを入力し<URLをブロック>すると完了です。

 

自分のサイトに関連の無い広告が出ている場合は
そのジャンルの広告をブロックしたいと思いますよね。
自分のサイトに合ったジャンル(キーワード)に関連した広告のみ
表示することは、ある程度制限できます。

 

ただし最初に言っておきますが、アドセンスは
多くの広告主からの入札によってクリック単価が決まりますので
広告をブロックし過ぎると入札数が減り収益も下がります。

 

アドセンスは入札からもっとも収益性の高いが広告が表示されるので
広告を制限することは 入札数を減らす=収益が下がる。
そのことをよく理解した上で広告をブロックしましょう。

 

広告のブロックは、
・広告主のURLを指定してブロックする。(500個まで)
・ジャンルを指定してブロックする。
一般的なカテゴリージャンル数は22種類
ニュース・健康・スポーツ、フィットネス・アパレル
アート、エンターテイメントなど

デリケートなカテゴリージャンル数は17種類
宗教・政治・ソーシャルカジノゲーム・出会い系など

 

(AdSense ヘルプ引用)
広告主のURL確認方法

 

たとえ URL を確認するためであっても、
ご自分のサイトに掲載された広告をクリックすると
プログラム ポリシー違反となりますのでご注意ください。

広告についての詳しい情報を確認するには、
Google サイト運営者向けツールバーをご利用ください。
このツールを使うと、無効なクリックを発生させることなく、
ページに表示される広告のリンク先を確認できます。

 

規約でも書かれていますが、URL を確認する目的であっても
自サイトの広告クリックは禁止です。
なので Google サイト運営者向けツールバーを利用し広告主のURLを確認しましょう。

 

Google Publisher Toolbar

 

※ Google Publisher Toolbar とはGoogleChromeの拡張機能
自分のサイト上で広告のブロック設定、広告主のURLや情報など
操作できますので便利です。

 

一般カテゴリー、デリケートなカテゴリーでは
ブロックしたいカテゴリーにチェックを入れれば完了です。
この画面では過去の広告表示回数と割合(30日前まで)見れます。
この数値を参考にされて、広告をブロックするか否かの指標に
してみるとよいでしょう。

 

複数サイトで広告をブロックも可能で、
ドメイン単位でもサブドメイン単位でも設定可能。
ただしコンテンツ向け AdSense 広告のみの適用になります。
コンテンツ向け AdSense 広告とは、私たちがいつも見る
広告ユニットとリンクユニットのことですね。

 

■まとめ
広告のブロック設定方法は、
管理画面、【広告の許可とブロック】で設定可能。

サイト単位で指定した広告をブロックも可能。

 

※多くの広告主からの入札によってクリック単価が決まりますので
 広告をブロックし過ぎると入札数が減り収益も下がりますので
 注意しましょう。

 

以上です。

唯一の推奨商材
プロフィール

大福です。アドセンス収益累計200万突破しました。
なんでみんなやらないんだろ?って思うほどカンタンです。
アドセンスで稼ぐ方法を無料で公開しています。

プロフィール詳細
Google検索第一位を獲得

当サイトは
【有料キーワードツールアドセンス】
複合キーワード109000件の中から
記事公開わずか3日で
Google検索第一位を獲得しました。
カテゴリー
人気ブログランキング

ページの先頭へ