【★★★】優良キーワード選定ツール

目安時間:約 8分

ここで『ももんが』を筆頭に紹介するキーワード選定ツールは

グーグルアドセンスのキーワードツールとして

機能的には優良ツールのカテゴリーに入ります。

しかし機能は優良でもコストが高かったり、、

発売から年月が経っていて販売ページが止まったままだったり、、

seo的にも最新のキーワード選定ツールより見劣りしてしまいます。

 

 

キーワード発掘ツール「ももんが」 

 

■商品概要■
制作者   中澤 成志
Windows対応/Mac不可

 

特徴
有料キーワード選定ツール=(イコール)『ももんが』と言われるほど

seoに強いキーワードツール『ももんが』は一時代を築いた画期的な商品でした。
しかし後発のキーワードスカウターSが発売されると市場の立場は逆転。
というのもキーワードスカウターSは『ももんが』の機能をすべて備えている上に
youtube調査、ライバルサイトの詳細データ解析など新たな機能が加わり
『ももんが』よりもコストが安いためキーワード選定ツールの関心は
必然的にキーワードスカウターSに移っているのが現実です。

 

機能
『ももんが』はダウンロード後、初期設定も不要ですぐに使うことができます。
機能もシンプルでマニュアルを読まなくても直感的に操作可能。
普通のキーワードツール系のソフトはmozに登録したり、IDパスワードなど
初期設定に時間がかかりますが『ももんが』は立ち上げ直後に使えます。

検索スピードも速くサクサク動くのでニッチキーワードが早く見つかり
他ツールよりレスポンスが速いので記事作成に集中できるのはメリットですね。

 

他のキーワードツールは数字だけの判断ですが
『ももんが』は競合数が少なく参入しやすいキーワードを
★の数で教えてくれるので分かりやすいですね。

 

他ツール比較
アドセンスに必要なキーワード発掘機能は『ももんが』よりも
後発のキーワードスカウターSが優れています。
コストも安く機能性も高いので迷う理由を探す方が困難です。

Brownie(ブラウニー)、キーワードディスカバリープレミアムに比べると

機能は劣りますがコストパフォーマンスは『ももんが』の方が優れています。

 

Brownie(ブラウニー) 

 

■商品概要■
制作者 スパイラルアッププロジェクト
制作会社 石黒敬浩

 

特徴
『Brownie(ブラウニー)』はアドセンスに必要な発掘キーワード選定の
基本機能は備えています。

 

  •  上位10サイトの構成情報を自動詳細分析
  •  関連キーワード取得機能
  •  ライバルサイト調査機能

ただ、販売ページで気になることが・・

 

2015年に値上げ決定らしいですが更新が止まったままですね。。
大切なキーワード選定を『Brownie(ブラウニー)』に任せるのは
ちょっと怖いなという印象です。

 

機能
ドリルダウンモード機能が『Brownie(ブラウニー)』のウリになります。
最初にキーワードを設定すると自動で
関連キーワードを取得してフィルタリング調査をします。
この手のキーワード選定は他のツールでも
Googleキーワードプランナーで検索を落とし込めばできる機能なので
目立った機能ではないですね。

 

他ツール比較
『Brownie(ブラウニー)』はキーキーワード選定ツールとして悪くはないですが
コストに見合う機能かと言われれば疑問が残ります。
やはり25800円は高すぎますね。『Brownie(ブラウニー)』を選ぶよりは
もう少し足してアフィリエイターに万能な高機能性パンドラ2か
コスパに優れたキーワードスカウターSになりますね。

 

 

キーワードディスカバリープレミアム

 

 

■商品概要■

制作者 山岡建太

制作会社

Windows/Macどちらにも対応

販売価格 14,800円

 

特徴

『キーワードディスカバリープレミアム』は

お宝キーワード抽出の基本機能は備えている優良ツールの一つですが

目立った機能といえばライバルサイトのチェック機能でしょうか。

上位30サイトのライバル情報抽出機能が備わっていますが

その他の差別化はできていません。

 

機能

『キーワードディスカバリープレミアム』のウリが

無料ブログを含めた上位30サイトのライバル情報抽出機能になります。

基本的に無料ブログはSEO的に弱いので

無料ブログが上位にいるキーワードは狙い目になります。

ただこの機能も初心者のうちはいいかもしれませんが

多くのサイトを見ているとURLを見ただけで無料ブログか否か分かるので

あまり意味がないものになってしまいます。

 

他ツール比較

Brownie(ブラウニー)に比べるとコスパも良く機能性も優れていますが

ももんがと比べてるとコスパは悪く、アドセンスサイト作成には

あまり必要ない機能が多いのはデメリットですね。

 

機能とは関係ないですが、このツールを買えば特典が付いてきます。

 

特典1:テーマ選定「1日1万PV集めるテーマ選定術」

特典2:爆発的かつ安定したアクセスを集め続ける狙い目キーワード選定術4種類

特典3:アクセスを集めやすくするWordPressプラグインまとめ

特典4:かっこいいスライドショーを設置して差別化する方法

特典5:知らなきゃ損!最新版SEO対策術

特典6:最低限の下準備で稼ぎやすくするPING送信

特典7:トレンドアフィリエイトに活用できるアプリを紹介

特典8:手動ペナルティの予防と対策

特典9:はてなブックマーク自動登録ツールプレゼント

バージョンアップ版、随時無料進呈

無期限・回数無制限メールサポート

 

キーワードディスカバリープレミアム 販売ページ引用

 

コスパが高いので特典を充実させる販売戦略ですが

ユーザーが求めているのはキーワード選定のメリット

(機能性とコストパフォーマンス)です。

『キーワードディスカバリープレミアム』の販売価格は14,800円

このツールと同等の機能を持っているキーワード選定ツールは

約5000円で手に入ります。

機能性が同じで価格が3倍も開きがある以上

『キーワードディスカバリープレミアム』はおススメできません。

 

 

【★】買ってはいけないキーワード選定ツール

目安時間:約 7分

キーワード選定ツールの選び方は機能性やコストだけではありません。

販売会社のサポートや信用も重要な指標になります。

アクセスアップを目指す初心者向が買ってはいけない

グーグルアドセンスのキーワードツールはこの2つになります。

 

プラチナキーワードシーカー

 

■商品概要■

制作者 五十嵐敦

制作会社 Trend-up Works

Windowsのみ対応

販売価格(税込み)4980円

 

特徴

『プラチナキーワードシーカー』は

シーズン(季節)キーワードの抽出が主な特徴です。

季節のキーワードを先取りすることでライバルの少ない

ニッチキーワードを集める機能は他のツールにはありません。

ただしキーワードの抽出先がBingに限定されてしまうこと、

制作会社 Trend-up Worksのサポート体制には不安が残ります。

 

機能

こちらをご覧ください。

プラチナキーワードシーカー 販売ページ引用

 

『YAHOO、Googleは仕様の変更に伴い関連キーワードが取得できない』

ハッキリと書かれていますね。

そもそも検索エンジンのアルゴリズムや仕様の変更は頻繁に起こりますし

その時は動作保証はできないのでBingでキーワードを抽出する!?

Google=(イコール)検索エンジンの時代に

Microsoft(マイクロソフト)のBing限定ってどうなんでしょうか・・

 

アフターサービスにも不安が残ります。

サポートはたったの1ヶ月みたいですね・・

 

プラチナキーワードシーカー 販売ページ引用

 

サポートはしません、、場合によってはキーワード情報が取得できません、、

『プラチナキーワードシーカー』は機能やコスト以前の問題ですね。。

このツールに大切なキーワード選定を任せるには不安です。

 

他ツール比較

『プラチナキーワードシーカー』は販売価格(税込み)4980円と

価格だけ見ると良心的ですが販売会社(トレンドアップワークス)の

サポートの評判が良くないのでおススメできません。

 

『プラチナキーワードシーカー』の価格帯と機能性で

一番近いのは『ももんが』になりますが

今は『ももんが』よりも後発のツールの方が

コスパも機能性も優れていますね。

 

プレシャスキーワード

 

制作会社  クリアイズム有限会社

販売者   片桐 健

販売価格(税込み) \22,000

特典【アフィリエイト(アダルト)進化論~E-sheet~】

Windowsのみ対応

 

特徴

『プレシャスキーワード』は過去に再配布権付きで販売してましたので

無料で手に入れている人が数多くいるにもかかわらず

現在は有料で販売しているキーワード選定ツールになります。

それを知らない新規ユーザーに22,000円で販売しています。

というのも販売元のクリアイズムは悪評極まりない会社です。

例えば『KEN』というアフィリエイト商材は45800円ですが

詐欺まがいの内容です。

『数々の実績と受賞歴 天才AIシステムエンジニアが遂にアフィリエイト参入』

訳の分からない宣伝文ですが中身も酷いですね。

 

 

『KEN』の内容を暴露しますと、

1、テンプレートも何も無しでワードプレスでサイト作成

2、TwitterとFacebook連動

(アカウント5個取るマニュアルですが、そもそも規約違反)

3、天才とは思えない低品質な販売用記事がたった20(しかも短文)

 

もちろんこんな質の悪い販売記事がアフィリエイトで物が売れる訳もなく

購入者は憤慨しています。

この内容で45800円ですから購入者が怒るのも無理はありません。

 

あと、こんなのも販売してますね、、

  • 単語アルゴリズム全知能記事作成ツール KIJII-キジイ-  37800円
  • 完全自動AIロボットアフィリエイトシステム KEIBOW  45800円

もちろん宣伝と内容はかけ離れたデタラメ商品です。

 

機能

無料で配っているだけあって目立った機能もありません。

『プレシャスキーワード』と『キーワードスカウターS』の比較をすると

 

『プレシャスキーワード』22000円 

  • 関連キーワードリサーチ
  • トレンドキーワードリサーチ

(たったこれだけです・・)

 

『キーワードスカウターS』5,378円 

  • Yahoo・Google・gooトレンドキーワードリサーチ機能
  • 上位10位のサイトのURL、タイトル、キーワードが分かる
  • ライバルが少ないキーワードを自動抽出
  • SEOが弱いキーワードの自動抽出
  • 3階層まで掘り下げて複合、関連キーワード取得
  • キーワードのCSVデータ出力機能
  • アドセンスに必須な月間検索数、クリック単価が分かる。

 

この値段と内容から『プレシャスキーワード』の選択はないですね。

 

他ツール比較

『プレシャスキーワード』はキーワード選定ツールの中で

最もおススメしたくないツールになります。

何より販売会社の信用がありません。

間違っても購入しないようにお願いします。

Googleアドセンスとは?

目安時間:約 9分

 グーグルアドセンスとは?

グーグルアドセンスとは自分が趣味で書いたブログに
Googleが提供する広告(アドセンス広告)を

自分のブログ上に貼って訪れたユーザーが広告にクリックするだけで

あなたに収益が支払われる仕組みです。

 

AdSense ヘルプ引用

 

アドセンスは1クリックで数十円と小さなものですが
ユーザーにクリックされるだけで収益が発生します。
言いかえれば、※アクセス数さえ集めればそれだけで稼ぐことができます。
(※サイトに訪れるユーザーの数)

 

月5万は余裕レベル、10万超えはザラにいる世界です。
しかも基本、集めたアクセスは翌月も、その先も落ちることがありません。
むしろ上がっていくことの方が多いです。

 

なので早く始めて仕組みさえ作ってしまえば
ほったらかしでもアクセスが集まり
収益を継続して得ることができるのです。
そのため、できれば早めにアドセンスをやった方がいいです。

 

どうしてブログを書くだけで稼げるのか?

アドセンスは最強のクリック報酬型サービス

一般にアフィリエイトはクリック先で商品やサービスを
購入するアクションが無いと収益が発生しませんが、
アドセンスは広告をクリックしてもらうだけで収益が発生します。

 

アドセンスのすごいところは

  • クリックされやすい広告が自動で配信される。
  • 最も単価の高い広告が配信される(広告主のオークション方式)
  • 広告を貼り変える必要がない。

 

クリックされやすい広告が自動で配信される。
アドセンス広告は、あなたが書いたブログの内容に合った
広告が自動で配信されます。
それだけでもクリックされやすいのですが
ユーザーに関心のある広告も自動配信される仕掛けがあるのです!

 

たとえばペット好きなユーザーがいつも見るサイトは
ペット関連のサイトですよね。
そのユーザーがクレジットカードを作る必要があり
クレジットカード比較サイトを見た時のアドセンス広告は
ユーザーの関心のあるペット広告が配信されるのです。
(これをパーソナライズ広告と言う)

このようにアドセンスはユーザーが思わずクリックしたくなる広告

を自動で出してくれるのです。

 

最も単価の高い広告が配信される(広告主のオークション方式)
クリック単価は、広告主の入札で最も高い広告がサイトに掲載されます。
高いもので『薬剤師 求人』など1000円を超えることも。
求人、保険、不動産(住宅関連)、車など
その商品(サービス)の値段が高いものは必然にクリック単価も高くなります。

 

そのクリック単価も他社とは別格です。
他社のクリック報酬型では『忍者admax』『フラクト』などありますが
クリックされにくく 単価も低いので
アドセンスの約10分の1にまで収益が下がってしまいます。

 

Googleアドセンスは広告を選ぶ必要はありません。
一般のアフィリエイトは広告主の商品が無くなったら
すべてのページの広告を貼り変える手間がありますが
アドセンスは最初に広告配置すれば、すべて自動で広告配信されます。
これ、すご~く楽ですよ^^

 

アドセンスのリスクとデメリット

規約が厳しい。。

アドセンスのリスクは、ルールを守らないと
アカウント無効になってしまうこと。

主なアドセンスの禁止事項(ルール)は3つ。

  • 自分でクリックする。(もしくは人にクリックお願いする)
  • 書いてはいけない禁止コンテンツがある。
  • 正しい広告の配置がある。

 

これらの禁止事項を守らないとレッドカード(退場)
二度とアドセンスができなくなります。
(といっても最初は警告で済むことが多いのですが念のため)

逆にこの3つをしっかり守れば何の心配もいりません^^
アドセンスの規約はとても大切なので
別カテゴリーでしっかり説明しますね!

 

無料ブログは危険!!

無料ブログでアドセンスをするとリスクしかありません。
どんなブログで、誰が所有して、誰が運営しているのか?
ここ、すごく大事です。

 

例えばシーサーブログはアドセンス可能な無料ブログです。

ブログ:seesaa
所有者:シーサー株式会社
運営:シーサー株式会社

 

つまりseesaaブログがサービスを停止すると
あなたも共倒れしてアドセンスも終わってしまうということです。
ですので 他人に影響されないように
あなた自身がサイトオーナーになる必要があります。

 

ブログ:ワードプレス
所有者:あなた
運営:あなた

この形がベストです。

 

詳しくはレンタルサーバーと独自ドメイン取得になりますが
それでも月1000円ちょっとで済みます。
逆に言うとその金額でアドセンスを始められます。
月1000円ちょっとのお金でアドセンスを始められて
ブログ資産も守れるなら安いものです。

 

今から始めても稼げるのか?

参入ジャンルとキーワード選定が重要

アドセンスは今から始めても稼げます。
理由は、参入ジャンルとキーワードを掛け合わせれば
市場がほぼ無限にあるから。

 

検索する人の気持ちになってみましょう。
お腹周りを気にしている人が『ダイエット』と検索はしませんね。
『ダイエット お腹』これが複合キーワード。検索すると・・

 

 

『ダイエット お腹 時間』 と検索すると・・・

 

 

このように一語ふえただけで検索結果が変わります。
と・い・う・こ・と・は?
あなただけの複合キーワードを見つけて
ユーザーの悩み・問題を解決する記事を書けば
嫌でもアクセスが集まってしまいます。
実はキーワードもツールを使えば簡単に見つかります。

 

アドセンスの参入ジャンルは
禁止事項のコンテンツ以外で自分が書きやすいジャンル。
これに尽きます。
そして自分の特技、仕事、経験、関心があるもの。
これを軸にジャンルを選定しましょう。

 

ただし、圧倒的に稼げないジャンルは日記ブログです。
芸能人や有名スポーツ選手なら別ですが
一般人の日記ブログを見ても
アクセスは集めにくいのでやめておきましょう。

 

アドセンスは最初に仕組みさえ作っておけば、

集めたアクセスは翌月も、その先も落ちることがありません。

アドセンスで月5万は余裕レベル、10万超えはザラにいる世界です。

 

もちろんここまでアクセスを伸ばすには
『簡単』ではありません。勉強することも多いでしょう。
すぐにはお金になりませんが、このブログのカリキュラムで学べば
遅くても一年後には月5万~10万稼ぐ
資産ブログをあなたは手に入れることになります。

 

アドセンスで稼ぎ続ける方法は2つ。

  • 正しい方法を学ぶ。
  • その方法を継続する

 

たったこれだけで一生モノの資産ブログが手に入ります。

このブログのカリキュラムでは、

  • アドセンスの審査用ブログの書き方
  • 膨大なアクセスを集める記事の書き方
  • Googleに検索されやすいキーワード選定

 

あなたがアドセンスで稼ぐ具体的な方法を無料でお届けします。

アドセンスアカウント警告メールの解決方法を教えてください!

目安時間:約 5分

【質問】
アドセンスアカウント警告メールの解決方法を教えてください!
突然の警告メールに驚いて 何をどうすればいいのか分かりません。
メールの内容を見ても どこを修正しなさいとも書かれていないので。。

 

【回答】
アカウント警告メールが突然来ても 驚くことはありません。
アドセンスのペナルティは3段階あり、警告 ⇒ 停止 ⇒ 無効
この順でペナルティが重くなっていきます。
あなたはまだ警告の段階ですので落ち着いてサイトを修正すれば
問題なく復活できます。

 

ただし、最優先で対応してください。

ポリシー違反の警告メールが来たら72時間以内に
警告された箇所を修正する必要があります。

 

サイトの修正が終わったらそのまま放置して大丈夫です。
Googleが自動で審査をしてくれますので
OKなら警告状態(広告停止)解除されますね

アドセンス初心者の失敗例を紹介しますので、
該当する箇所があれば修正をしてみましょう!

 

アドセンスの禁止文章を入れている。
■プライバシーを侵害するワード
一般人の名前、住所、電話番号、勤務先など

 

■暴力的表現 死亡 自殺 殺す ヤーさん(ヤクザ)殺人 殴る

 

■アダルト表現 エロ ロリコン 変態 アダルト女優名 わいせつ

 

『死ぬ。死んだ。』という表現はNGですが『亡くなった』はOK。
『死ねやコラ!』はNGですが『あなた様が天に召されますように』はOK

 

禁止ワードをそのまま使うのではなくて、
表現をマイルドにすることを心がけましょう。

 

アドセンス禁止画像を入れている

■アダルト(セクシー)画像 完全にアウトです。

 

■著作権侵害の画像 特にディズニーシー ディズニーランド
ディズニー画像は著作権に厳しいので ディズニーは控えましょう。

■プライバシーを侵害する画像
一般人の写真、すでに掲示板で出回っている画像もNG

 

■男も女も裸の画像はNG
女性はもちろん 男性の裸もNGなので要注意

■水着(特に露出の激しい水着のアップ画像)
過去には家族の海水浴で 奥さんの胸画像がアップして
警告が来た事例もあります。

 

広告の貼り過ぎ
一記事に広告は3つまでに抑えましょう。
以前と違って広告枠の数は3つを超えてもOKですが
広告数が多のと比例して 記事数や内容も必要です。
広告ばかりが多くて 記事数や内容が薄いサイトは要注意です。

 

自分でクリックする。もしくは依頼する。
これは警告で過んでラッキーなレベルです。
最初はGoogleも誤クリックと判断しますが、
10~20も超えて自己クリックを続けると ワザとやってるな・・

 

ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

 

となりますので絶対に!自己クリックはアカウント無効になるのでNGです。

アドセンスにはファミリーセーフが求められていますから
子どもと一緒に見ても安心できるサイトを目指すべきです。

 

ある程度の収益で(週にして2500円を継続して5~6ヶ月継続)
自分専用のメールサポートが付きますが
この警告・停止・無効のアドバイスは曖昧で警告メール同様
ハッキリとした解決策はしてもらえません。
自分で気づいて修正するしかないのです。。
そもそも警告を出すチームと 個別メール担当は部署が違うようで。。

 

重要なので繰り返しますが
アドセンス警告メールが来たら72時間以内にサイト修正が必要なので
ほかの作業は後回しで 最優先で対応してください。

 

以上です。

アドセンスをして会社にばれませんか?

目安時間:約 2分

【質問】

 

アドセンスをして会社にばれませんか?
アドセンスで収入を得てみたいですが会社にばれないか心配です。

 

【回答】

 

会社が副業を容認する社会的な流れはあるものの
まだまだ副業を禁止している企業は多いですよね。
私が勤めている会社も アフィリエイトを含め副業禁止
そんな中でも 2011年からのアドセンス収入は
会社にバレたことは一度もありません。

アドセンスやアフィリエイトして 会社 にばれた時の解決方法は
リアルにバイトしている人と同じく確定申告をして納税すること。
googleアドセンスも確定申告をすることです。

 

確定申告をしないとなぜ会社にバレるのかと言うと
副業を含めた総所得が前年から増えると 給与明細の住民税が前年よりも上がり
経理担当から あれ??会社の給料は前年から変わらないのに
なぜ住民税が増えているの??と疑問を持たれることからです。

 

(実際に経理がそこまで見ているか疑問ですが可能性として)

 

住民税が切り替わるのが確定申告した年の6月の給与明細ですから
私も最初のアフィリエイト住民税申告した6月はドキドキでした。。
確定申告をアドセンス収入で住民税が変わることは
私の経験則ではありませんでしたよ。

 

※グーグルアドセンスの確定申告(アフィリエイト含む)
は別のテーマで詳しく紹介していますので参考にされてください。

 

以上です。

アドセンスサイトでアクセスを集める方法を教えてください。 記事数が多いのにまったくアクセス数が上がりません。

目安時間:約 3分

【質問】

アドセンスサイトでアクセスを集める方法を教えてください。
記事数が多いのにまったくアクセス数が上がりません。

 

【回答】

多くの人にサイトを見てもらうには
アドセンス記事の書き方には少しコツがあります。
日記と違い思ったことをそのまま書いても収益は上がりません。
ここで大事なのがキーワード選定です。

 

ブログのジャンルが決まったらまずキーワード候補を
サジェストツールで出しましょう。
よりテーマを絞った方がアクセスが集まりやすいので
ここでは 【大テーマ 】ダイエット 継続 としましょうね。

 

このように google に 【ダイエット 継続】と入力すると

サジェストツールキーワードが出ますので メモをしましょう。

そして この検索結果を一番下にスクロールすると・・

 

このように【ダイエット 継続】に関連する検索キーワードが出ます。
このキーワードをメモ帳にコピーして貼り付けましょう。

 

サジェストツールと 画面下の関連キーワードを
記事の中に自然に埋め込んでいけば
今までとアクセス数がどれだけ変わるか 嫌でも実感できるでしょう。
このキーワードを使う目安は 1記事に3~5入れるのが自然で書きやすいですね。

 

もう一つ紹介したいのがGoodkeyword

サジェストツールをメモ帳にコピーする時にお使いください。

でもキーワードが多すぎても迷うだけですし、

文章にキーワードを埋め込みすぎると不自然な文章になりやすいです(^^;
Goodkeywordはgoogleサジェストツール取得するためにお使いください。

 

最初のうちは 上記のサジェストツールと関連キーワードで十分だと思います。
アクセスも収益もが上がってきて より一歩踏み込んだ
アクセスアップを勉強すればいいですからね。

(キーワードもツールを使えばカンタンに探せます)

 

以上です。

アドセンスで月1万を稼ぐ目安を教えてください。 どのくらいのアクセス数でいくらの収入を得られるのですか?

目安時間:約 3分

【質問】

アドセンスで月1万を稼ぐ目安を教えてください。
どのくらいのアクセス数でいくらの収入を得られるのですか?

 

【回答】

グーグルアドセンスとは 0から1万にするのは大変ですが
1万から3万、3万から10万にするのは それほど難しいことではありません。
今回はアドセンスのブログ収入の目的が月1万ですので
1日平均333円の収益が必要、そのためには1500~2000pv弱程度の
アクセス数は必要になってきます。

 

表 アクセス数(pv)と収益の目安

 

アクセス数(pv)が同じでも収益にバラツキがあるのは

クリック単価(CPC)によって違うからですね。

アドセンス広告のクリック単価平均ははスマホサイトで30円

パソコンサイトで40円 平均アドセンスクリック単価は35円といわれています。

※クリック単価(CPC)は 1クリックで得られる収益のこと。

 

クリック単価はジャンルによっても変動します。

こちらがアドセンス高単価ジャンルの一覧になります。

 

 

クリック単価はジャンルによっても変動します。

高単価ジャンルに共通するのは、価格が高く、緊急性が高いジャンルです。

広告主からすれば クリックしてすぐ成約してくれそうなジャンルなら

必然に単価も上がりやすくなりますよね。

 

上記のジャンルでは1クリックで1000円を超えるものもあります。

ただし初心者がいきなり高単価のジャンルから始めるのはおススメできません。

まずは自分の経験(趣味・仕事・育児など)書きやすいジャンルから

コツコツとサイトを増やしていきましょう。

 

以上です。

アドセンスアカウントを夫婦別々(同居家族)でも取れますか?

目安時間:約 4分

【質問】

 

アドセンスアカウントを夫婦別々(同居家族)でも取れますか?
夫婦でアドセンスをやりたいのですが、グーグルは規約が厳しくて同一世帯では
一つのアカウントしか取れないと聞きましたが本当ですか?
もし無理なら、アドセンスアカウントを複数取れる裏技はないですか?

 

【回答】

同一住所、電話番号での夫婦アカウントは承認されませんが
個別サポートから相談すればアカウントを作成できる可能があります。
(片方のアカウントに週2500円以上の収益が必要)

※同一人物の複数アドセンスアカウントの取得は認められていません。

グーグルの回答は以下の通りです。

(グーグルヘルプフォーラム引用)
同一のお支払い受取人に対して運用できる
AdSense アカウントは 1 つのみです。

ビジネス用に別のアカウントを用意する必要がある
この場合は、新たにお申し込みを送信してください。

ただし裏技ではないですが、法人として(代表者が自分)の場合は
個人用とは別に法人用のアカウント取得が認められていますね。
既に法人としてあれば(新たに法人を立ち上げた場合でも)
同一名義で、個人で1アカウント、法人で1アカウントは大丈夫です。

では同一世帯(住所が同じ)で名義が違う夫婦や家族で
アドセンスアカウント取得は可能?

 

(グーグルヘルプフォーラム引用)

=Google でお客様のお申し込みを確認しましたところ、
お客様のアカウント情報は ...@gmail.com の設定されている
現在承認済みの AdSense アカウントと一致することがわかりました。
Google のポリシーに記載されているとおり、
複数アカウントのご利用は許可されていないため、
今回の新たなお申し込みは承認することができません。

 

夫婦でアドセンスアカウントを申請する場合、
住所が同じ、電話番号も同じで申請してしまうと上記のように
承認されることはないですね。。

 

同居の場合は住所が同じになるので複数アカウントとされてしまいます。

解決方法としては、グーグルに直接相談する。
例えば夫が既にアドセンスアカウント取得していた場合
週2500円以上の収益があれば、
直接グーグルアドセンス個別サポートの窓口から
直接問い合わせることでアカウントを作成可能です。

 

■まとめ
同一住所、電話番号での夫婦アカウントは承認されないが
個別サポートから相談すればアカウントを作成できる可能がある。
(片方のアカウントに週2500円以上の収益が必要)

同一人物でも、個人と法人でアカウントを別々に持つことは可能

 

以上です。

 

唯一の推奨商材
プロフィール

大福です。アドセンス収益累計200万突破しました。
なんでみんなやらないんだろ?って思うほどカンタンです。
アドセンスで稼ぐ方法を無料で公開しています。

プロフィール詳細
Google検索第一位を獲得

当サイトは
【有料キーワードツールアドセンス】
複合キーワード109000件の中から
記事公開わずか3日で
Google検索第一位を獲得しました。
カテゴリー
人気ブログランキング

ページの先頭へ