【★★★★★】殿堂入りキーワード選定ツール

目安時間:約 11分

 

殿堂入りキーワード選定ツール

 

この3つのキーワード選定ツールを選んで
キーワード選びに失敗することは考えられません。
これからアドセンスをするなら
アドセンス収益には到底及ばない初期投資になるはずです。

 

ここで紹介するツールはそれぞれ特徴がありますので
自分が求めているのは『コストパフォーマンス』なのか
『機能性』なのかをよく見極めて選びましょう。

■商品概要■
制作会社  Catch the Web

制作者  石川琢麻

販売価格(税込)5,378円

 

特徴
アドセンスのお宝キーワード選定ならこれ一つで必要十二分。
SEO不要で上位表示できるお宝キーワードがすぐ見つかる。
常に最新の検索エンジン情報なので信頼性も◎
コスパも良く、初心者にも使いやすい。
Windows対応。※Macは不可。

 

機能1
狙うべきお宝キーワードがすぐに分かる。

平均クリック単価を10倍以上にすることも可能。
『intitle件数』は指定したキーワードを一部含むWebページの数
『★allintitle件数』は指定したキーワードが完全一致しているWebページの数
★つまり直接のライバルサイト
この『intitle』と『allintitle』の倍率に開きがあればあるほど
ライバルの少ないお宝キーワードと言える訳です。
SEO不要で上位表示できるキーワードが一瞬で分かります。
(トレンドキーワードにも対応)

 

Google検索は1ページ目に表示されるサイトの数は10。

ということは、

allintitle(直接のライバルサイト)が9までで

intitleの倍率に開きがあり月間検索数が多いお宝キーワードが見つかれば
あなたのサイトが そのキーワードで1ページ目に表示される可能性が高い。

 

しかもGoogleキーワードプランナーと連携できるので
PC、スマホそれぞれのの月間検索数とクリック単価が分かる。
 
このすごさが分かりますよね? だって
アドセンス収益=アクセス数×クリック単価 で決まります。
狙ったキーワードの月間検索数とクリック単価も一覧で分かるので

収益を上げやすくなるのは言うまでもありません。

 

高単価ジャンルはクレジットカード、キャッシング、車査定、転職などですが

その分ライバルも多く激戦ジャンルになり初心者は参入し難いですが

このツールを使えば初心者でも高単価ジャンルの参入で

平均クリック単価を10倍以上にすることが可能です。

 

『クレジットカード 最短』で検索すると・・・

A:キーワード

B:月間検索数

C:クリック単価

D:需要と、供給するライバルサイト数

 

アドセンスの平均クリック単価は30円~40円ですが、

上記のキーワードジャンルでは平均クリック単価455円にもなります。

(平均クリック単価の10倍)

 

『allintitle』の数にも注目してください。

Google検索は1ページ目に表示されるサイトの数は10。

ということは あなたが上記のキーワードを

タイトル、記事に含ませれば1ページ目に表示され
訪問者がピンポイントで流れ込んでくる可能性が高いのです。

 

A:『クレジットカード 最短』キーワードでは

1ページ目に表示される可能性の高い

キーワード候補を25個も自動取得できました。

 

このように『クレジットカード』という激戦ジャンルでも

キーワード選定ツールを使えば驚くほどカンタンに

アクセスが集まることが分かっているキーワードに

初心者でも参入することができます。

 

ちなみに当サイトはこのツールを使用し

複合キーワード109000件の中でGoogle検索第一位を獲得しました。

記事公開から3日目でGoogle検索第一位です。

機能2
入力したキーワードの関連キーワードも自動抽出。
最大3階層下までの複合キーワードを抽出。
更にその複合キーワードも調査して狙い目かすぐに分かる。

 

機能3
ライバルサイトの情報を丸裸にできる。
入力したキーワードの 上位10位までのサイト情報を出してくれる。

  • サイトタイトルとURL
  • ページランク 被リンク数とMozデータの平均
  • タイトルに含まれるキーワード

これらライバルサイトの中身を知ることで、より質の高いコンテンツを作りやすい。

 

他ツール比較

コンパスやパンドラ2に比べて機能面では劣りますが
コストパフォーマンスは一番高い。アドセンスサイト作成に必要な
お宝キーワードを自動抽出する機能は必要十二分に備わっています。

 

■商品概要■

制作会社  Catch the Web

制作者  石川琢麻

販売価格(税込)8618円

 

特徴
コンパスはキーワードスカウターSの上位版です。
というのも、コンパスとキーワードスカウターSの製作会社は
同じCatch the Webです。
コンパスの方が新しく開発されたので
キーワードスカウターSの機能はすべて備わっている上に
サイトの検索順位を調べる機能が新たに追加されています。
(Windows/Mac両方に対応)

 

機能
サイトの検索順位はPC、スマホに対応。
登録したサイトの検索順位を保存してグラフ化できます。

 

この機能はライバルサイトの順位をチャックするだけでなく
自分のサイト順位の推移をグラフ分析することで
このSEO対策でサイト順位が上がった(下がった)と
結果を見ながら修正ができるのが強みですね。
サイト登録数も制限ありません。

 

中古ドメインも調査可能 ドメイン解析で

上位表示されやすいか否かすぐに分かってしまいます。

中古ドメインを買う時にも役立つツールですね。

 

他ツール比較

パンドラ2に比べ機能は劣りますが、コストは安くなります。

キーワードスカウターSと比較して機能は上ですが

サイト調査や中古ドメインチェック機能があるだけで

プラス3000円のコスト高は意見が分かれるところです。

ただしキーワードスカウターSはWindows限定なので

Macユーザーはコンパスになりますね。

 

制作会社 Catch the Web Asia Sdn Bhd.
制作者 横山 直広  
  

販売価格(税込)29800円

       

特徴

パンドラ2はアフィリエイターに必要な機能がすべて揃っていて
キーワードツール市場の中で別格なツールになります。
主に物販、PPCアフィリエイター向けのツールとして有名で
このジャンルで稼いでるほとんどのアフィリエイターは
パンドラ2の愛用者ですね。
その反面、機能の多さから使いこなせていない人も多い。
(Windows/Mac両方に対応)

 

機能

パンドラ2は主にPPCアフィリエイト戦略に特化したツール
キーワードスカウターSの機能はすべて備わっていて
ライバルがどんな『商品』を、どんな『キーワード』で、
どんな『広告アプローチ(説明文)』を出して
PPC広告に出稿しているのかを知ることができます。

 

しかも過去の広告投稿の履歴も見れるので
稼いでるPPCアフィリエイターにとっては
出回りすぎても困るツールでもあるんですね。

 

PPCアフィリエイトのサイトは主にペラページで
1ページにタイトル、説明文、広告というシンプルなもの。

 

このジャンルで必要なのは

  • キーワード選定
  • 広告費用

 

ここを間違えなければ爆発的に稼げます。
100万の広告費用で150万回収していく世界です。
さらに桁を増やして広告費用をかけたら・・
資金力がモノを言う世界なので我々庶民アドセンサーには
ちょっと敷地が高すぎますね。

 

パンドラ2の高機能はアドセンスサイト作成に必要なのか?

コストをかけてまで手に入れるメリットがあるのか?

意見が分かれるところです。

 

他ツールとの比較
PPCアフィリエイターにとっては重宝するツールで
キーワードツール市場でも別格の機能性ですが
しかし機能が多するゆえに、目的を見失うと意味がないものになります。
シンプルにお宝キーワードを探すなら

コストパフォーマンスに優れた
『キーワードスカウターS』『コンパス』になります。

 

※販売価格は税込で、月額料金ではなく
一回きりの買いきり価格です。

アドセンスのクリック単価を10倍にする方法

目安時間:約 4分

アドセンスのクリック単価を10倍にする方法は

有料キーワードツールを使い高単価ジャンルへ参入する方法です。

 

有料キーワード選定ツールとは、アクセスが集まりやすいキーワードを調査して
自動取得してくれるツールです。
キーワード選定ツールと言っても機能も値段も様々ですが

狙うべき場所はただひとつ、ブルーオーシャンキーワードです。

 

      キーワード選定ツールが狙う場所はココ

アドセンスでは キャッシング、クレジットカード、車査定、転職などは
クリック単価の高いジャンルですが、その分ライバルも多く
一般的に初心者は参入し難いジャンルになりますね。

 

しかしキーワード選定ツールを使えば、高単価な激戦ジャンルでも
需要はたくさんあるのに供給が追いついていない
ブルーオーシャンキーワードを簡単にカンタンに探すことができます。

 

『クレジットカード 最短』で検索すると・・(※)

A:キーワード

B:月間検索数

C:クリック単価

D:需要と、供給するライバルサイト数

 

Dの説明を詳しくすると『intitle』とは需要(関心)の数。

(タイトルに指定したキーワードを一部含むWebページの数)

 

『★allintitle』とは供給の数。★つまり直接のライバル数

(指定したキーワードを完全一致しているWebページの数)

ユーザーの需要(関心)が高いキーワードで供給の低いキーワードを見つけること。

これがブルーオーシャンキーワードになります。

 

この『intitle』と『allintitle』の倍率に開きがあればあるほど

ライバルの少ない狙い目のキーワードと言える訳です。

 

アドセンスの平均クリック単価は30円~40円ですが、

上記のキーワードジャンルでは平均クリック単価455円にもなります。

(平均クリック単価の10倍)

 

『allintitle』の数にも注目してください。

Google検索は1ページ目に表示されるサイトの数は10。

ということは あなたが上記のキーワードを

タイトル、記事に含ませれば1ページ目に表示され
訪問者がピンポイントで流れ込んでくる可能性が高いのです。

 

このように『クレジットカード』という激戦ジャンルでも

キーワード選定ツールを使えば驚くほどカンタンに

アクセスが集まることが分かっているキーワードに

初心者でも参入することができます。

 

アドセンスの収益=アクセス数×クリック単価

 

参入ジャンルをクリック平均単価を40円にするのか

高単価ジャンルの450円で参入するのか

参入キーワード次第で収益は10倍以上の差が出ます。

 

ちなみに当サイトは、このキーワードツールを使い
複合キーワード109000件の中でGoogle検索第一位を獲得しました。
記事公開から3日目でGoogle検索第一位です。

 

 

キーワード選定ツールはアドセンスで稼ぐことに直結しやすいので
優れたキーワード選定ツールは一つは持っていてほしいですね。

 

(※キーワードスカウターSを使用しました)

Googleアドセンスとは?

目安時間:約 9分

 グーグルアドセンスとは?

グーグルアドセンスとは自分が趣味で書いたブログに
Googleが提供する広告(アドセンス広告)を

自分のブログ上に貼って訪れたユーザーが広告にクリックするだけで

あなたに収益が支払われる仕組みです。

 

AdSense ヘルプ引用

 

アドセンスは1クリックで数十円と小さなものですが
ユーザーにクリックされるだけで収益が発生します。
言いかえれば、※アクセス数さえ集めればそれだけで稼ぐことができます。
(※サイトに訪れるユーザーの数)

 

月5万は余裕レベル、10万超えはザラにいる世界です。
しかも基本、集めたアクセスは翌月も、その先も落ちることがありません。
むしろ上がっていくことの方が多いです。

 

なので早く始めて仕組みさえ作ってしまえば
ほったらかしでもアクセスが集まり
収益を継続して得ることができるのです。
そのため、できれば早めにアドセンスをやった方がいいです。

 

どうしてブログを書くだけで稼げるのか?

アドセンスは最強のクリック報酬型サービス

一般にアフィリエイトはクリック先で商品やサービスを
購入するアクションが無いと収益が発生しませんが、
アドセンスは広告をクリックしてもらうだけで収益が発生します。

 

アドセンスのすごいところは

  • クリックされやすい広告が自動で配信される。
  • 最も単価の高い広告が配信される(広告主のオークション方式)
  • 広告を貼り変える必要がない。

 

クリックされやすい広告が自動で配信される。
アドセンス広告は、あなたが書いたブログの内容に合った
広告が自動で配信されます。
それだけでもクリックされやすいのですが
ユーザーに関心のある広告も自動配信される仕掛けがあるのです!

 

たとえばペット好きなユーザーがいつも見るサイトは
ペット関連のサイトですよね。
そのユーザーがクレジットカードを作る必要があり
クレジットカード比較サイトを見た時のアドセンス広告は
ユーザーの関心のあるペット広告が配信されるのです。
(これをパーソナライズ広告と言う)

このようにアドセンスはユーザーが思わずクリックしたくなる広告

を自動で出してくれるのです。

 

最も単価の高い広告が配信される(広告主のオークション方式)
クリック単価は、広告主の入札で最も高い広告がサイトに掲載されます。
高いもので『薬剤師 求人』など1000円を超えることも。
求人、保険、不動産(住宅関連)、車など
その商品(サービス)の値段が高いものは必然にクリック単価も高くなります。

 

そのクリック単価も他社とは別格です。
他社のクリック報酬型では『忍者admax』『フラクト』などありますが
クリックされにくく 単価も低いので
アドセンスの約10分の1にまで収益が下がってしまいます。

 

Googleアドセンスは広告を選ぶ必要はありません。
一般のアフィリエイトは広告主の商品が無くなったら
すべてのページの広告を貼り変える手間がありますが
アドセンスは最初に広告配置すれば、すべて自動で広告配信されます。
これ、すご~く楽ですよ^^

 

アドセンスのリスクとデメリット

規約が厳しい。。

アドセンスのリスクは、ルールを守らないと
アカウント無効になってしまうこと。

主なアドセンスの禁止事項(ルール)は3つ。

  • 自分でクリックする。(もしくは人にクリックお願いする)
  • 書いてはいけない禁止コンテンツがある。
  • 正しい広告の配置がある。

 

これらの禁止事項を守らないとレッドカード(退場)
二度とアドセンスができなくなります。
(といっても最初は警告で済むことが多いのですが念のため)

逆にこの3つをしっかり守れば何の心配もいりません^^
アドセンスの規約はとても大切なので
別カテゴリーでしっかり説明しますね!

 

無料ブログは危険!!

無料ブログでアドセンスをするとリスクしかありません。
どんなブログで、誰が所有して、誰が運営しているのか?
ここ、すごく大事です。

 

例えばシーサーブログはアドセンス可能な無料ブログです。

ブログ:seesaa
所有者:シーサー株式会社
運営:シーサー株式会社

 

つまりseesaaブログがサービスを停止すると
あなたも共倒れしてアドセンスも終わってしまうということです。
ですので 他人に影響されないように
あなた自身がサイトオーナーになる必要があります。

 

ブログ:ワードプレス
所有者:あなた
運営:あなた

この形がベストです。

 

詳しくはレンタルサーバーと独自ドメイン取得になりますが
それでも月1000円ちょっとで済みます。
逆に言うとその金額でアドセンスを始められます。
月1000円ちょっとのお金でアドセンスを始められて
ブログ資産も守れるなら安いものです。

 

今から始めても稼げるのか?

参入ジャンルとキーワード選定が重要

アドセンスは今から始めても稼げます。
理由は、参入ジャンルとキーワードを掛け合わせれば
市場がほぼ無限にあるから。

 

検索する人の気持ちになってみましょう。
お腹周りを気にしている人が『ダイエット』と検索はしませんね。
『ダイエット お腹』これが複合キーワード。検索すると・・

 

 

『ダイエット お腹 時間』 と検索すると・・・

 

 

このように一語ふえただけで検索結果が変わります。
と・い・う・こ・と・は?
あなただけの複合キーワードを見つけて
ユーザーの悩み・問題を解決する記事を書けば
嫌でもアクセスが集まってしまいます。
実はキーワードもツールを使えば簡単に見つかります。

 

アドセンスの参入ジャンルは
禁止事項のコンテンツ以外で自分が書きやすいジャンル。
これに尽きます。
そして自分の特技、仕事、経験、関心があるもの。
これを軸にジャンルを選定しましょう。

 

ただし、圧倒的に稼げないジャンルは日記ブログです。
芸能人や有名スポーツ選手なら別ですが
一般人の日記ブログを見ても
アクセスは集めにくいのでやめておきましょう。

 

アドセンスは最初に仕組みさえ作っておけば、

集めたアクセスは翌月も、その先も落ちることがありません。

アドセンスで月5万は余裕レベル、10万超えはザラにいる世界です。

 

もちろんここまでアクセスを伸ばすには
『簡単』ではありません。勉強することも多いでしょう。
すぐにはお金になりませんが、このブログのカリキュラムで学べば
遅くても一年後には月5万~10万稼ぐ
資産ブログをあなたは手に入れることになります。

 

アドセンスで稼ぎ続ける方法は2つ。

  • 正しい方法を学ぶ。
  • その方法を継続する

 

たったこれだけで一生モノの資産ブログが手に入ります。

このブログのカリキュラムでは、

  • アドセンスの審査用ブログの書き方
  • 膨大なアクセスを集める記事の書き方
  • Googleに検索されやすいキーワード選定

 

あなたがアドセンスで稼ぐ具体的な方法を無料でお届けします。

唯一の推奨商材
プロフィール

大福です。アドセンス収益累計200万突破しました。
なんでみんなやらないんだろ?って思うほどカンタンです。
アドセンスで稼ぐ方法を無料で公開しています。

プロフィール詳細
Google検索第一位を獲得

当サイトは
【有料キーワードツールアドセンス】
複合キーワード109000件の中から
記事公開わずか3日で
Google検索第一位を獲得しました。
カテゴリー
人気ブログランキング

ページの先頭へ