初心者必見!クリックされる記事の書き方

目安時間:約 23分



あなたはこの検索ユーザーが何を求めていると思いますか?

この答えを用意するだけであなたのサイトには膨大なアクセスが集まり

 

太郎くん
アクセスを集める記事ってハードルが高そう・・

大福
慣れれば簡単にできますよ! ユーザーが読みやすい記事は『型』にハメて書き上げるだけですから!

目次

1、アクセスが集まらない記事を理解する
1-1 絶対に書いてはいけない記事とは?
1-2 記事の信頼を簡単に高める方法

 

2、ブログの書き方
2-1 序文でアクセスが決まる!?わずか3文で仕上げる方法
2-2 本文の書き方も3文の繰り返しでOK!
2-4 まとめは4文できれいに仕上げる。

 

3、ユーザーニーズを完璧に満たす方法
4、まとめ アドセンス記事の書き方例文サンプル

 

1、アクセスが集まらない記事を理解する

1-1 絶対に書いてはいけない記事とは?

アドセンスでアクセスが集まる記事を書くには、
アクセスが集まらない記事の条件を徹底的に省く必要があります。
まず、この5つの条件を確認しましょう。

 

NG-1、『答え』が無い。あっても最後に書いてある。
あなたもGoogleやYAHOOで検索する立場になると分かりますが
悩み、分からないことの『答え』が無いwebサイトは3秒以内に
戻るボタンを押してるはずです。
これはWebサイトに慣れ親しんでくると
サイトコンテンツの善し悪しが一瞬で判断できてしまうためです。
また、サイトの滞在率を上げようと『答え』を最後に書くのもNGです。
なぜなら『答え』が後回しのサイトはユーザーにとって

ストレス以外の何ものでもないのです。

太郎くん
どうして?本みたいにストーリーを進めて最後に答えを書くのがユーザーも読みやすいじゃん!

答え欲しさに最後まで読んでくれるから滞在率も上がるし検索エンジンの評価もあがるよね?


大福
いえ、これは逆効果です。

本とwebサイトではユーザーが求めるモノが違います。

検索する人の気持ちになってください。

悩みを早く解決したいのに『答え』を最後にすると、

たとえその時はページの滞在率が上がったとしても、

ユーザーは別のページにアクセスしません。

なぜならこのwebサイトはどのページも

『答え』が後に書いてあると判断されて結果的に

他のカテゴリーや記事を読まれなくなってしまいます。


このように『答え』が無い、あっても最後に書いてあるコンテンツは
価値が無い記事であることを理解しましょう。

 

NG-2、自分の意見ありきでユーザーの悩み解決は後回し。

『答え』を書くのを後回しにして、自分の意見を優先して書くのも
アクセスが集まらない記事の特徴です。
どうして人は検索するのか?無論、悩みや問題を『早く』解決したいためです。
早く解決したいユーザーにはまず最初に『答え』を用意すること。
そして徹底してユーザーの悩みを解決する答えを書くことだけが
アクセスが膨大に集まる記事であることを理解しましょう。

 

NG-3、信頼性(根拠)が無い。

アドセンス記事の信頼を上げる方法は、ネットリテラシーの理解が大切です。

 

引用

ネットリテラシーとは、情報ネットワークを正しく利用することができる能力のこと。

リテラシーとは、もともとは識字能力のことで、文字や言語に対する能力の意味です。

それに「ネット」と付け加えることで、インターネットを使いこなす基本的な能力を指す言葉として「ネットリテラシー」が定着しました。

ネットリテラシー - インターネット用語辞典 - | OCN

 

このように記事の信頼を上げるには、権威のある人(会社)の引用が効果的です。
私(大福)が『ネットリテラシーとは』と語るよりはるかに重みがあるはずです。
ネットリテラシーにあるようにユーザーは『記事を信頼する理由』を欲しがっています。
記事の信頼を高めるには、

権威のある人(会社)の引用を積極的に使用する。
※ただし引用記事ばかり使用するとコンテンツの価値は下がるので
記事内の2割弱に収めるのがベスト。

 

抽象的な言い方をしない。
語尾に『かもしれないですね』『だと思います』『らしいです。』
ではなくて、『です』『~ました』と言い切る。

 

プロフィールを充実させる。
アドセンスサイトとはいえプロフィールがあるサイトと
そうでないサイトは信頼度が全然違ってきます。
『どんな人が書いているのか?』公開できる情報はオープンにすることで
記事の信頼をグッと上げることができます。

 

NG-4.日記を書いている。

キーワード的にも一般人のブログ日記は関心や需要がありません。
Ameba芸能人ブログであればアクセスは期待できますが
どうして日記がダメかというと、一般人という理由だけではなく
日記は日々違うことを題材にするため記事のテーマに一貫性が無くなるためです。

 

NG-5、1記事にテーマが複数あってまとまりが無い。

アドセンスサイト(アフィリエイトも同様)1記事1テーマが基本です。
タイトル ⇒ 序文(書き出し) ⇒本文 ⇒まとめ
一貫性を持って1記事1テーマで仕上げる根拠(理由)は
『ユーザーが欲しがっている答えだけを提供するため』
例えば、せどりがテーマなのに投資やメルマガアフィリエイトなど
バラバラなテーマにしてしまうとこの人は何を言いたいの?
とユーザーも迷ってしまいます。
テーマは浅く記事の内容は深くすることがベストです。

太郎くん
そっか。。僕もずっと答えを最後に書いてたよ。じゃあどうすればアクセスが集まる記事が書けるの?


大福
私も答えを最後に書いてました(笑)

でもここで紹介してる文章構成に変えたらユーザーの

反応(アクセス)がガラッと変わったんです!

2、ブログの書き方

2-1 序文でアクセスが決まる!?わずか3文で仕上げる方法

記事構成の基本は、序文(書き出し)⇒ 本文 ⇒ まとめ

この中で一番重要なのは序文(書き出し)です。
なぜなら最初の序文に魅力が無ければ決して最後まで読まれることはないからです。
(お笑い芸人の漫才・コントも最初のつかみが良ければネタを最後まで見ますよね)
ですがご安心を!序文にも『型(テンプレート)』があるので簡単です。

1.共感する。
『・・・って(は)、・・・ですよね?』

2.その問題を放置するとどうなるか?
『このまま・・・だと・・・ではないですか?』

3.問題解決する答えと利益(ベネフィット)を提案する。
『実は・・・も、すぐに解決できる方法があります』
『この・・・方法があれば・・・できるようになります』
4.序文まとめ。
『今回は・・・の方法を紹介します。』

 

例文を出します。
タイトル【最も簡単にサラリーマンがネット副業で5万稼ぐ3つの方法】の場合

 

会社の給料だけでは家族旅行も満足に行けないし将来が不安になりますよね?(※1)
でもネットで稼ぐといってもどれを選べばいいのか初心者が迷うのは普通です。
このまま何もしないと、子どもが大きくなって家族旅行にも付いて来なくなりますね?(※2)
実はネットビジネス選びも月5万レベルなら迷わず簡単に解決する方法があります。
このスキルを身に付ければお金に余裕ができ、家族旅行にもたくさん行けるので
子どもが満面の笑みで喜び、妻の信頼も一層大きくなり夫婦円満にもなるでしょう。(※3)
今回は最も時間と労力の無駄がなくネットで月5万稼ぐ3つの方法をご紹介します。(※4)

 

(※1)共感する。

(※2)問題を放置したら?

(※3)答えと利益(ベネフィット)

(※4)まとめ。
タイトル【リバウンドしない30代男性お腹周りダイエット】の場合

 

30代は基礎代謝も落ちてお腹周りにお肉が付きやすくなりますよね。
分かっていても食生活や習慣は変えられないし面倒くさいですからね。(※1)
このままダイエットを放棄すると見た目が悪いだけでなく成人病にもなりかねません。(※2)
でも自分に合ったダイエット方法は何を選べばいいのか迷いますよね?
実は男性のダイエットはー10kgレベルなら迷わず簡単に解決する方法があります。(※3)
このダイエット方法を身につけるだけで簡単にリバウンドしにくい身体で健康的になり
スリムなスーツやジーンズを着こなせるので女性にも自信を持ってアプローチできます。
今回はリバウンドしない30代男性お腹周りダイエット方法をご紹介します。(※4)

 

2-2 本文の書き方も3文の繰り返しでOK!

本文の構成は、答え⇒根拠(理由)⇒例文
これを繰り返すだけで圧倒的に分かりやすい記事になります。
本文の最初は必ず『答え』から入ってください。
答えとは見出しに対する答えです。
仮にタイトルが『・・・とは?』に対して
回りくどいことは一切言わず『・・・とは○○です。』
というように答えから入ります。

 

例えば【せどりとは?】の見出しに対して
『せどりとは古本などの掘り出し物を

転売目的で第三者に販売して利ざやを稼ぐことです』
このようになります。
最初に答えを言うことでユーザーは悩みが解決してストレスが無くなり
『もっと詳しく知りたい!!なんで?』となり理由(根拠)を知りたくなるのです。
ですので答えを言った後はすぐに理由(根拠)を説明しましょう。

例文を出します。

見出しタイトル【せどりとは?】

 

せどりとは(※1)古本などの掘り出し物を転売目的で第三者に販売して利ざやを稼ぐことです
なぜなら(※2)、元々はせどり屋という商売からきており注文を受けて各地方へ回り
自分の目利きと知識を頼りに同業者へ販売する商売のことをいっていたからです。
たとえば(※3)最近のせどりはamazonせどりが有名でブックオフなど古本屋などから
利ざやがある商品を仕入れてamazonなどネット転売することが爆発的にブームとなり
せどり(せどらー)と一般的に認知されるようになりました。

 

(※1)答え とは・・・です。

(※2)根拠(理由)なぜなら(というのも)・・・です。

(※3)例文 たとえば・・・ました。

 

このように本文の構成は、見出し⇒答え⇒根拠(理由)⇒例文 を繰り返すだけです。
この『型』どおりに書けば誰でも良質な記事が書けるようになります。

2-4 まとめは4文で仕上げる。

記事構成では本文の内容を充実させているので
まとめはサラリと4文で終わります。
内容を振り返って復習することと
終わりの挨拶で記事全体がビシっと締まります。

 

1、いかがでしたか?
2、今回は【タイトル】についてご紹介しました。
3、これで・・・も解決することができますね。
4、ぜひ参考にしてみてください。

例文を出します。

 

いかがでしたか?
今回は【最も簡単にサラリーマンがネット副業で5万稼ぐ3つの方法】
についてご紹介しました。
せどり、クラウドソーシング、アドセンス
株やFXと違ってどれもノーリスクで始めることができます。
これで本業を持ちながら月5万円は余裕で稼げるので
趣味を充実させてり家族旅行などの楽しみも増えますね!
ぜひ参考にしてみてください。

太郎くん

一見すると長文に見えるけど

見出し⇒答え⇒根拠(理由)⇒例文

これを繰り返すだけなんだね!

これならで書けるかもしれない(^^)v


福山

そうなんです!この構成を繰り返すだけで

素人でも圧倒的に分かりやすい文章が書けます!

ですが検索ユーザーの期待に完璧に応えるには

潜在ニーズ(内なる声)に耳を傾けなければいけません。

3、ユーザーニーズを完璧に満たす方法

あなたがこの記事を読んでいる理由はなんですか?
『アクセスが集まる記事の書き方を知りたい』
これは表向き(顕在的)な悩みですね。
潜在的には『アドセンスでもっとお金を稼ぎたい』ではないでしょうか?

 

ダイエットの食事サイトを見る人もそうです。

『ダイエットの食事方法を知りたい』は顕在的な悩みで、

  • ダイエット中はどれだけ食べれるのか?
  • 本当に食事だけで痩せられるのか?
  • お腹が空いた時や我慢できない空腹時はどうすればいいのか?
  • 食事制限だけでダイエットしたら何ヶ月で何キロ痩せられるのか?
  • 食べすぎを止められる方法はないのか?

このように『ダイエット 食事』で検索するユーザーは
潜在的に求めている内なる欲求があるのです。

顕在ニーズ:意識の5%を占める。目的がハッキリしている。
潜在ニーズ:意識の95%を占める。言葉にできない本音、内なる欲求。
(引き寄せやマーフィーの法則でも有名ですね)

あなたはこの潜在ニーズも答える記事を書くこと。
たったこれだけのことで膨大にアクセスされるサイトオーナーになれます。
サイトを作る時は、タイトルの答え+(プラス)潜在ニーズは何なのか?
これを徹底的に書き出してみましょう。

4、まとめ アドセンス記事の書き方例文サンプル

ここではアドセンス記事の書き方例文サンプルを紹介します。

【タイトル】の答えを用意するために

序文⇒本文(答え→根拠・理由→例文)⇒まとめで

一貫性を持たせて書いています。

 

タイトル
【最も簡単にサラリーマンがネット副業で5万稼ぐ3つの方法】

【序文】
会社の給料だけでは家族旅行も満足に行けないし将来が不安になりますよね?
でもネットで稼ぐといってもどれを選べばいいのか初心者が迷うのは普通です。
このまま何もしないと子どもが大きくなって家族旅行にも付いて来なくなるかも・・
実はネットビジネス選びも月5万レベルなら迷わず簡単に解決する方法があります。
このスキルを身に付ければお金に余裕ができ、家族旅行にもたくさん行けるので
子どもが満面の笑みで喜び、妻からの信頼も一層大きくなり夫婦円満にもなるでしょう。
今回は最も時間と労力の無駄がなくネットで月5万稼ぐ3つの方法をご紹介します。

 

【見出しタイトル1】
1、せどり
せどりとは古本などの掘り出し物を転売目的で第三者に販売して利ざやを稼ぐことです。
なぜなら元々はせどり屋という商売からきており注文を受けて各地方へ回り
自分の目利きと知識を頼りに同業者へ販売する商売のことをいっていたからです。
たとえば最近のせどりはamazonせどりが有名で、ブックオフなど古本屋などから
利ざやがある商品を仕入れてamazonなどネット転売することが爆発的にブームとなり
せどり(せどらー)と一般的に認知されるようになりました。
せどりのメリットは利ざやのある商品を仕入れればすぐ収入になるので
やればやるほど収入が上がります。デメリットは労働収入なので
仕入れることを止めれば収入が0になってしまうとこですね。

 

【見出しタイトル2】
2、クラウドソーシング
クラウドソーシングとは不特定多数の人にネット上で
業務を発注または受注するwebサービスのことです。

引用
インターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注したり、
受注者の募集を行うこと。また、そのような受発注ができるWebサービス。

クラウドソーシングとは 【 crowd sourcing 】  IT用語辞典

たとえば有名なクラウドソーシングは『クラウドワークス』『ランサーズ』
主な仕事はデータ入力、記事のライティング、イラストのデザイン。
アプリの開発、買い物代行なども人気です。
自分の専門知識を活かして好きなジャンルの仕事ができ
収入にもなるのでおススメですが、デメリットはこちらも労働収入なので
請け負う仕事を止めれば収入が0になってしまうとこですね。
【見出しタイトル3】
3、アドセンス
アドセンスとは自分(自社)のブログに広告を掲載するだけで
収入を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの
クリック報酬型の広告配信サービスのことです。

引用
AdSenseとは、Webサイトの内容に関連のあるWeb広告を自動的に配信し、
Webサイト運営者に広告収入を支払うサービス。
Google社がWebサイト運営者に対して提供しているサービスである。
アドセンスとは IT用語辞典

たとえば一般的なアフィリエイトはwebサイトに訪れたユーザーが
商品(サービス)を購入しなければサイトオーナーに収益が発生しませんが
アドセンスはクリックされるだけで収益化できます。
つまりサイトを積み上げていけば、過去のサイトを放置していても
収益が発生していくので資産ブログになるのです。
収入の質は権利収入に近いので不動産オーナーや作曲家のように
アドセンスは資産の仕組みを作ればほぼ自動で収益化できるのが魅力です。
【まとめ】
今回は【最も簡単にサラリーマンがネット副業で5万稼ぐ3つの方法】
についてご紹介しました。
せどり、クラウドソーシング、アドセンス
株やFXと違ってどれもノーリスクで始めることができます。
この3つの副業で本業を持ちながら月5万円は余裕で稼げるので
まずはトライしてみることをおススメします。
これから趣味を充実させたり家族旅行などの楽しみも増えますね!
ぜひ参考にしてみてください。

 

これで1400文字になりました。

序文⇒本文(答え→根拠・理由→例文)⇒まとめ

この流れで書けば文字数が少なくなることはないです。

太郎くん

1400文字!?すごい文字数だけど

序文⇒本文(答え→根拠・理由→例文)⇒まとめ

順番どおりに書けば自然と文字数が増えて

記事(コンテンツ)の質も上がるんだね!

大福

そのとおりです!

文字数も記事(コンテンツ)の質も上げることで

自然とアクセスが集まるので多くの人の目に

あなたのアドセンス広告が目に留まるようになります。

その結果・・もうお分かりですね?(^^)v

いかがでしょうか?

今回はアクセスが集まる記事の書き方についてご紹介しました。

この基本の通りに記事を書けばアクセスが集まらないことは

考えられません。

重要なので繰り返しますが、ユーザーは悩みや問題を『早く』

解決したいということを忘れてはいけません。

ですので最初に『答え』から書いてください。

あなたはこの検索ユーザーが何を求めていると思いますか?

最後まで読んだあなたはもう記事の書き方は解っていますね。

ぜひ参考にしてみてください。

【★★★】優良キーワード選定ツール

目安時間:約 8分

ここで『ももんが』を筆頭に紹介するキーワード選定ツールは

グーグルアドセンスのキーワードツールとして

機能的には優良ツールのカテゴリーに入ります。

しかし機能は優良でもコストが高かったり、、

発売から年月が経っていて販売ページが止まったままだったり、、

seo的にも最新のキーワード選定ツールより見劣りしてしまいます。

 

 

キーワード発掘ツール「ももんが」 

 

■商品概要■
制作者   中澤 成志
Windows対応/Mac不可

 

特徴
有料キーワード選定ツール=(イコール)『ももんが』と言われるほど

seoに強いキーワードツール『ももんが』は一時代を築いた画期的な商品でした。
しかし後発のキーワードスカウターSが発売されると市場の立場は逆転。
というのもキーワードスカウターSは『ももんが』の機能をすべて備えている上に
youtube調査、ライバルサイトの詳細データ解析など新たな機能が加わり
『ももんが』よりもコストが安いためキーワード選定ツールの関心は
必然的にキーワードスカウターSに移っているのが現実です。

 

機能
『ももんが』はダウンロード後、初期設定も不要ですぐに使うことができます。
機能もシンプルでマニュアルを読まなくても直感的に操作可能。
普通のキーワードツール系のソフトはmozに登録したり、IDパスワードなど
初期設定に時間がかかりますが『ももんが』は立ち上げ直後に使えます。

検索スピードも速くサクサク動くのでニッチキーワードが早く見つかり
他ツールよりレスポンスが速いので記事作成に集中できるのはメリットですね。

 

他のキーワードツールは数字だけの判断ですが
『ももんが』は競合数が少なく参入しやすいキーワードを
★の数で教えてくれるので分かりやすいですね。

 

他ツール比較
アドセンスに必要なキーワード発掘機能は『ももんが』よりも
後発のキーワードスカウターSが優れています。
コストも安く機能性も高いので迷う理由を探す方が困難です。

Brownie(ブラウニー)、キーワードディスカバリープレミアムに比べると

機能は劣りますがコストパフォーマンスは『ももんが』の方が優れています。

 

Brownie(ブラウニー) 

 

■商品概要■
制作者 スパイラルアッププロジェクト
制作会社 石黒敬浩

 

特徴
『Brownie(ブラウニー)』はアドセンスに必要な発掘キーワード選定の
基本機能は備えています。

 

  •  上位10サイトの構成情報を自動詳細分析
  •  関連キーワード取得機能
  •  ライバルサイト調査機能

ただ、販売ページで気になることが・・

 

2015年に値上げ決定らしいですが更新が止まったままですね。。
大切なキーワード選定を『Brownie(ブラウニー)』に任せるのは
ちょっと怖いなという印象です。

 

機能
ドリルダウンモード機能が『Brownie(ブラウニー)』のウリになります。
最初にキーワードを設定すると自動で
関連キーワードを取得してフィルタリング調査をします。
この手のキーワード選定は他のツールでも
Googleキーワードプランナーで検索を落とし込めばできる機能なので
目立った機能ではないですね。

 

他ツール比較
『Brownie(ブラウニー)』はキーキーワード選定ツールとして悪くはないですが
コストに見合う機能かと言われれば疑問が残ります。
やはり25800円は高すぎますね。『Brownie(ブラウニー)』を選ぶよりは
もう少し足してアフィリエイターに万能な高機能性パンドラ2か
コスパに優れたキーワードスカウターSになりますね。

 

 

キーワードディスカバリープレミアム

 

 

■商品概要■

制作者 山岡建太

制作会社

Windows/Macどちらにも対応

販売価格 14,800円

 

特徴

『キーワードディスカバリープレミアム』は

お宝キーワード抽出の基本機能は備えている優良ツールの一つですが

目立った機能といえばライバルサイトのチェック機能でしょうか。

上位30サイトのライバル情報抽出機能が備わっていますが

その他の差別化はできていません。

 

機能

『キーワードディスカバリープレミアム』のウリが

無料ブログを含めた上位30サイトのライバル情報抽出機能になります。

基本的に無料ブログはSEO的に弱いので

無料ブログが上位にいるキーワードは狙い目になります。

ただこの機能も初心者のうちはいいかもしれませんが

多くのサイトを見ているとURLを見ただけで無料ブログか否か分かるので

あまり意味がないものになってしまいます。

 

他ツール比較

Brownie(ブラウニー)に比べるとコスパも良く機能性も優れていますが

ももんがと比べてるとコスパは悪く、アドセンスサイト作成には

あまり必要ない機能が多いのはデメリットですね。

 

機能とは関係ないですが、このツールを買えば特典が付いてきます。

 

特典1:テーマ選定「1日1万PV集めるテーマ選定術」

特典2:爆発的かつ安定したアクセスを集め続ける狙い目キーワード選定術4種類

特典3:アクセスを集めやすくするWordPressプラグインまとめ

特典4:かっこいいスライドショーを設置して差別化する方法

特典5:知らなきゃ損!最新版SEO対策術

特典6:最低限の下準備で稼ぎやすくするPING送信

特典7:トレンドアフィリエイトに活用できるアプリを紹介

特典8:手動ペナルティの予防と対策

特典9:はてなブックマーク自動登録ツールプレゼント

バージョンアップ版、随時無料進呈

無期限・回数無制限メールサポート

 

キーワードディスカバリープレミアム 販売ページ引用

 

コスパが高いので特典を充実させる販売戦略ですが

ユーザーが求めているのはキーワード選定のメリット

(機能性とコストパフォーマンス)です。

『キーワードディスカバリープレミアム』の販売価格は14,800円

このツールと同等の機能を持っているキーワード選定ツールは

約5000円で手に入ります。

機能性が同じで価格が3倍も開きがある以上

『キーワードディスカバリープレミアム』はおススメできません。

 

 

【★】買ってはいけないキーワード選定ツール

目安時間:約 7分

キーワード選定ツールの選び方は機能性やコストだけではありません。

販売会社のサポートや信用も重要な指標になります。

アクセスアップを目指す初心者向が買ってはいけない

グーグルアドセンスのキーワードツールはこの2つになります。

 

プラチナキーワードシーカー

 

■商品概要■

制作者 五十嵐敦

制作会社 Trend-up Works

Windowsのみ対応

販売価格(税込み)4980円

 

特徴

『プラチナキーワードシーカー』は

シーズン(季節)キーワードの抽出が主な特徴です。

季節のキーワードを先取りすることでライバルの少ない

ニッチキーワードを集める機能は他のツールにはありません。

ただしキーワードの抽出先がBingに限定されてしまうこと、

制作会社 Trend-up Worksのサポート体制には不安が残ります。

 

機能

こちらをご覧ください。

プラチナキーワードシーカー 販売ページ引用

 

『YAHOO、Googleは仕様の変更に伴い関連キーワードが取得できない』

ハッキリと書かれていますね。

そもそも検索エンジンのアルゴリズムや仕様の変更は頻繁に起こりますし

その時は動作保証はできないのでBingでキーワードを抽出する!?

Google=(イコール)検索エンジンの時代に

Microsoft(マイクロソフト)のBing限定ってどうなんでしょうか・・

 

アフターサービスにも不安が残ります。

サポートはたったの1ヶ月みたいですね・・

 

プラチナキーワードシーカー 販売ページ引用

 

サポートはしません、、場合によってはキーワード情報が取得できません、、

『プラチナキーワードシーカー』は機能やコスト以前の問題ですね。。

このツールに大切なキーワード選定を任せるには不安です。

 

他ツール比較

『プラチナキーワードシーカー』は販売価格(税込み)4980円と

価格だけ見ると良心的ですが販売会社(トレンドアップワークス)の

サポートの評判が良くないのでおススメできません。

 

『プラチナキーワードシーカー』の価格帯と機能性で

一番近いのは『ももんが』になりますが

今は『ももんが』よりも後発のツールの方が

コスパも機能性も優れていますね。

 

プレシャスキーワード

 

制作会社  クリアイズム有限会社

販売者   片桐 健

販売価格(税込み) \22,000

特典【アフィリエイト(アダルト)進化論~E-sheet~】

Windowsのみ対応

 

特徴

『プレシャスキーワード』は過去に再配布権付きで販売してましたので

無料で手に入れている人が数多くいるにもかかわらず

現在は有料で販売しているキーワード選定ツールになります。

それを知らない新規ユーザーに22,000円で販売しています。

というのも販売元のクリアイズムは悪評極まりない会社です。

例えば『KEN』というアフィリエイト商材は45800円ですが

詐欺まがいの内容です。

『数々の実績と受賞歴 天才AIシステムエンジニアが遂にアフィリエイト参入』

訳の分からない宣伝文ですが中身も酷いですね。

 

 

『KEN』の内容を暴露しますと、

1、テンプレートも何も無しでワードプレスでサイト作成

2、TwitterとFacebook連動

(アカウント5個取るマニュアルですが、そもそも規約違反)

3、天才とは思えない低品質な販売用記事がたった20(しかも短文)

 

もちろんこんな質の悪い販売記事がアフィリエイトで物が売れる訳もなく

購入者は憤慨しています。

この内容で45800円ですから購入者が怒るのも無理はありません。

 

あと、こんなのも販売してますね、、

  • 単語アルゴリズム全知能記事作成ツール KIJII-キジイ-  37800円
  • 完全自動AIロボットアフィリエイトシステム KEIBOW  45800円

もちろん宣伝と内容はかけ離れたデタラメ商品です。

 

機能

無料で配っているだけあって目立った機能もありません。

『プレシャスキーワード』と『キーワードスカウターS』の比較をすると

 

『プレシャスキーワード』22000円 

  • 関連キーワードリサーチ
  • トレンドキーワードリサーチ

(たったこれだけです・・)

 

『キーワードスカウターS』5,378円 

  • Yahoo・Google・gooトレンドキーワードリサーチ機能
  • 上位10位のサイトのURL、タイトル、キーワードが分かる
  • ライバルが少ないキーワードを自動抽出
  • SEOが弱いキーワードの自動抽出
  • 3階層まで掘り下げて複合、関連キーワード取得
  • キーワードのCSVデータ出力機能
  • アドセンスに必須な月間検索数、クリック単価が分かる。

 

この値段と内容から『プレシャスキーワード』の選択はないですね。

 

他ツール比較

『プレシャスキーワード』はキーワード選定ツールの中で

最もおススメしたくないツールになります。

何より販売会社の信用がありません。

間違っても購入しないようにお願いします。

唯一の推奨商材
プロフィール

大福です。アドセンス収益累計200万突破しました。
なんでみんなやらないんだろ?って思うほどカンタンです。
アドセンスで稼ぐ方法を無料で公開しています。

プロフィール詳細
Google検索第一位を獲得

当サイトは
【有料キーワードツールアドセンス】
複合キーワード109000件の中から
記事公開わずか3日で
Google検索第一位を獲得しました。
カテゴリー
人気ブログランキング

ページの先頭へ