【★★★】優良キーワード選定ツール

目安時間:約 8分

ここで『ももんが』を筆頭に紹介するキーワード選定ツールは

グーグルアドセンスのキーワードツールとして

機能的には優良ツールのカテゴリーに入ります。

しかし機能は優良でもコストが高かったり、、

発売から年月が経っていて販売ページが止まったままだったり、、

seo的にも最新のキーワード選定ツールより見劣りしてしまいます。

 

 

キーワード発掘ツール「ももんが」 

 

■商品概要■
制作者   中澤 成志
Windows対応/Mac不可

 

特徴
有料キーワード選定ツール=(イコール)『ももんが』と言われるほど

seoに強いキーワードツール『ももんが』は一時代を築いた画期的な商品でした。
しかし後発のキーワードスカウターSが発売されると市場の立場は逆転。
というのもキーワードスカウターSは『ももんが』の機能をすべて備えている上に
youtube調査、ライバルサイトの詳細データ解析など新たな機能が加わり
『ももんが』よりもコストが安いためキーワード選定ツールの関心は
必然的にキーワードスカウターSに移っているのが現実です。

 

機能
『ももんが』はダウンロード後、初期設定も不要ですぐに使うことができます。
機能もシンプルでマニュアルを読まなくても直感的に操作可能。
普通のキーワードツール系のソフトはmozに登録したり、IDパスワードなど
初期設定に時間がかかりますが『ももんが』は立ち上げ直後に使えます。

検索スピードも速くサクサク動くのでニッチキーワードが早く見つかり
他ツールよりレスポンスが速いので記事作成に集中できるのはメリットですね。

 

他のキーワードツールは数字だけの判断ですが
『ももんが』は競合数が少なく参入しやすいキーワードを
★の数で教えてくれるので分かりやすいですね。

 

他ツール比較
アドセンスに必要なキーワード発掘機能は『ももんが』よりも
後発のキーワードスカウターSが優れています。
コストも安く機能性も高いので迷う理由を探す方が困難です。

Brownie(ブラウニー)、キーワードディスカバリープレミアムに比べると

機能は劣りますがコストパフォーマンスは『ももんが』の方が優れています。

 

Brownie(ブラウニー) 

 

■商品概要■
制作者 スパイラルアッププロジェクト
制作会社 石黒敬浩

 

特徴
『Brownie(ブラウニー)』はアドセンスに必要な発掘キーワード選定の
基本機能は備えています。

 

  •  上位10サイトの構成情報を自動詳細分析
  •  関連キーワード取得機能
  •  ライバルサイト調査機能

ただ、販売ページで気になることが・・

 

2015年に値上げ決定らしいですが更新が止まったままですね。。
大切なキーワード選定を『Brownie(ブラウニー)』に任せるのは
ちょっと怖いなという印象です。

 

機能
ドリルダウンモード機能が『Brownie(ブラウニー)』のウリになります。
最初にキーワードを設定すると自動で
関連キーワードを取得してフィルタリング調査をします。
この手のキーワード選定は他のツールでも
Googleキーワードプランナーで検索を落とし込めばできる機能なので
目立った機能ではないですね。

 

他ツール比較
『Brownie(ブラウニー)』はキーキーワード選定ツールとして悪くはないですが
コストに見合う機能かと言われれば疑問が残ります。
やはり25800円は高すぎますね。『Brownie(ブラウニー)』を選ぶよりは
もう少し足してアフィリエイターに万能な高機能性パンドラ2か
コスパに優れたキーワードスカウターSになりますね。

 

 

キーワードディスカバリープレミアム

 

 

■商品概要■

制作者 山岡建太

制作会社

Windows/Macどちらにも対応

販売価格 14,800円

 

特徴

『キーワードディスカバリープレミアム』は

お宝キーワード抽出の基本機能は備えている優良ツールの一つですが

目立った機能といえばライバルサイトのチェック機能でしょうか。

上位30サイトのライバル情報抽出機能が備わっていますが

その他の差別化はできていません。

 

機能

『キーワードディスカバリープレミアム』のウリが

無料ブログを含めた上位30サイトのライバル情報抽出機能になります。

基本的に無料ブログはSEO的に弱いので

無料ブログが上位にいるキーワードは狙い目になります。

ただこの機能も初心者のうちはいいかもしれませんが

多くのサイトを見ているとURLを見ただけで無料ブログか否か分かるので

あまり意味がないものになってしまいます。

 

他ツール比較

Brownie(ブラウニー)に比べるとコスパも良く機能性も優れていますが

ももんがと比べてるとコスパは悪く、アドセンスサイト作成には

あまり必要ない機能が多いのはデメリットですね。

 

機能とは関係ないですが、このツールを買えば特典が付いてきます。

 

特典1:テーマ選定「1日1万PV集めるテーマ選定術」

特典2:爆発的かつ安定したアクセスを集め続ける狙い目キーワード選定術4種類

特典3:アクセスを集めやすくするWordPressプラグインまとめ

特典4:かっこいいスライドショーを設置して差別化する方法

特典5:知らなきゃ損!最新版SEO対策術

特典6:最低限の下準備で稼ぎやすくするPING送信

特典7:トレンドアフィリエイトに活用できるアプリを紹介

特典8:手動ペナルティの予防と対策

特典9:はてなブックマーク自動登録ツールプレゼント

バージョンアップ版、随時無料進呈

無期限・回数無制限メールサポート

 

キーワードディスカバリープレミアム 販売ページ引用

 

コスパが高いので特典を充実させる販売戦略ですが

ユーザーが求めているのはキーワード選定のメリット

(機能性とコストパフォーマンス)です。

『キーワードディスカバリープレミアム』の販売価格は14,800円

このツールと同等の機能を持っているキーワード選定ツールは

約5000円で手に入ります。

機能性が同じで価格が3倍も開きがある以上

『キーワードディスカバリープレミアム』はおススメできません。

 

 

【★】買ってはいけないキーワード選定ツール

目安時間:約 7分

キーワード選定ツールの選び方は機能性やコストだけではありません。

販売会社のサポートや信用も重要な指標になります。

アクセスアップを目指す初心者向が買ってはいけない

グーグルアドセンスのキーワードツールはこの2つになります。

 

プラチナキーワードシーカー

 

■商品概要■

制作者 五十嵐敦

制作会社 Trend-up Works

Windowsのみ対応

販売価格(税込み)4980円

 

特徴

『プラチナキーワードシーカー』は

シーズン(季節)キーワードの抽出が主な特徴です。

季節のキーワードを先取りすることでライバルの少ない

ニッチキーワードを集める機能は他のツールにはありません。

ただしキーワードの抽出先がBingに限定されてしまうこと、

制作会社 Trend-up Worksのサポート体制には不安が残ります。

 

機能

こちらをご覧ください。

プラチナキーワードシーカー 販売ページ引用

 

『YAHOO、Googleは仕様の変更に伴い関連キーワードが取得できない』

ハッキリと書かれていますね。

そもそも検索エンジンのアルゴリズムや仕様の変更は頻繁に起こりますし

その時は動作保証はできないのでBingでキーワードを抽出する!?

Google=(イコール)検索エンジンの時代に

Microsoft(マイクロソフト)のBing限定ってどうなんでしょうか・・

 

アフターサービスにも不安が残ります。

サポートはたったの1ヶ月みたいですね・・

 

プラチナキーワードシーカー 販売ページ引用

 

サポートはしません、、場合によってはキーワード情報が取得できません、、

『プラチナキーワードシーカー』は機能やコスト以前の問題ですね。。

このツールに大切なキーワード選定を任せるには不安です。

 

他ツール比較

『プラチナキーワードシーカー』は販売価格(税込み)4980円と

価格だけ見ると良心的ですが販売会社(トレンドアップワークス)の

サポートの評判が良くないのでおススメできません。

 

『プラチナキーワードシーカー』の価格帯と機能性で

一番近いのは『ももんが』になりますが

今は『ももんが』よりも後発のツールの方が

コスパも機能性も優れていますね。

 

プレシャスキーワード

 

制作会社  クリアイズム有限会社

販売者   片桐 健

販売価格(税込み) \22,000

特典【アフィリエイト(アダルト)進化論~E-sheet~】

Windowsのみ対応

 

特徴

『プレシャスキーワード』は過去に再配布権付きで販売してましたので

無料で手に入れている人が数多くいるにもかかわらず

現在は有料で販売しているキーワード選定ツールになります。

それを知らない新規ユーザーに22,000円で販売しています。

というのも販売元のクリアイズムは悪評極まりない会社です。

例えば『KEN』というアフィリエイト商材は45800円ですが

詐欺まがいの内容です。

『数々の実績と受賞歴 天才AIシステムエンジニアが遂にアフィリエイト参入』

訳の分からない宣伝文ですが中身も酷いですね。

 

 

『KEN』の内容を暴露しますと、

1、テンプレートも何も無しでワードプレスでサイト作成

2、TwitterとFacebook連動

(アカウント5個取るマニュアルですが、そもそも規約違反)

3、天才とは思えない低品質な販売用記事がたった20(しかも短文)

 

もちろんこんな質の悪い販売記事がアフィリエイトで物が売れる訳もなく

購入者は憤慨しています。

この内容で45800円ですから購入者が怒るのも無理はありません。

 

あと、こんなのも販売してますね、、

  • 単語アルゴリズム全知能記事作成ツール KIJII-キジイ-  37800円
  • 完全自動AIロボットアフィリエイトシステム KEIBOW  45800円

もちろん宣伝と内容はかけ離れたデタラメ商品です。

 

機能

無料で配っているだけあって目立った機能もありません。

『プレシャスキーワード』と『キーワードスカウターS』の比較をすると

 

『プレシャスキーワード』22000円 

  • 関連キーワードリサーチ
  • トレンドキーワードリサーチ

(たったこれだけです・・)

 

『キーワードスカウターS』5,378円 

  • Yahoo・Google・gooトレンドキーワードリサーチ機能
  • 上位10位のサイトのURL、タイトル、キーワードが分かる
  • ライバルが少ないキーワードを自動抽出
  • SEOが弱いキーワードの自動抽出
  • 3階層まで掘り下げて複合、関連キーワード取得
  • キーワードのCSVデータ出力機能
  • アドセンスに必須な月間検索数、クリック単価が分かる。

 

この値段と内容から『プレシャスキーワード』の選択はないですね。

 

他ツール比較

『プレシャスキーワード』はキーワード選定ツールの中で

最もおススメしたくないツールになります。

何より販売会社の信用がありません。

間違っても購入しないようにお願いします。

【★★★★★】殿堂入りキーワード選定ツール

目安時間:約 11分

 

殿堂入りキーワード選定ツール

 

この3つのキーワード選定ツールを選んで
キーワード選びに失敗することは考えられません。
これからアドセンスをするなら
アドセンス収益には到底及ばない初期投資になるはずです。

 

ここで紹介するツールはそれぞれ特徴がありますので
自分が求めているのは『コストパフォーマンス』なのか
『機能性』なのかをよく見極めて選びましょう。

■商品概要■
制作会社  Catch the Web

制作者  石川琢麻

販売価格(税込)5,378円

 

特徴
アドセンスのお宝キーワード選定ならこれ一つで必要十二分。
SEO不要で上位表示できるお宝キーワードがすぐ見つかる。
常に最新の検索エンジン情報なので信頼性も◎
コスパも良く、初心者にも使いやすい。
Windows対応。※Macは不可。

 

機能1
狙うべきお宝キーワードがすぐに分かる。

平均クリック単価を10倍以上にすることも可能。
『intitle件数』は指定したキーワードを一部含むWebページの数
『★allintitle件数』は指定したキーワードが完全一致しているWebページの数
★つまり直接のライバルサイト
この『intitle』と『allintitle』の倍率に開きがあればあるほど
ライバルの少ないお宝キーワードと言える訳です。
SEO不要で上位表示できるキーワードが一瞬で分かります。
(トレンドキーワードにも対応)

 

Google検索は1ページ目に表示されるサイトの数は10。

ということは、

allintitle(直接のライバルサイト)が9までで

intitleの倍率に開きがあり月間検索数が多いお宝キーワードが見つかれば
あなたのサイトが そのキーワードで1ページ目に表示される可能性が高い。

 

しかもGoogleキーワードプランナーと連携できるので
PC、スマホそれぞれのの月間検索数とクリック単価が分かる。
 
このすごさが分かりますよね? だって
アドセンス収益=アクセス数×クリック単価 で決まります。
狙ったキーワードの月間検索数とクリック単価も一覧で分かるので

収益を上げやすくなるのは言うまでもありません。

 

高単価ジャンルはクレジットカード、キャッシング、車査定、転職などですが

その分ライバルも多く激戦ジャンルになり初心者は参入し難いですが

このツールを使えば初心者でも高単価ジャンルの参入で

平均クリック単価を10倍以上にすることが可能です。

 

『クレジットカード 最短』で検索すると・・・

A:キーワード

B:月間検索数

C:クリック単価

D:需要と、供給するライバルサイト数

 

アドセンスの平均クリック単価は30円~40円ですが、

上記のキーワードジャンルでは平均クリック単価455円にもなります。

(平均クリック単価の10倍)

 

『allintitle』の数にも注目してください。

Google検索は1ページ目に表示されるサイトの数は10。

ということは あなたが上記のキーワードを

タイトル、記事に含ませれば1ページ目に表示され
訪問者がピンポイントで流れ込んでくる可能性が高いのです。

 

A:『クレジットカード 最短』キーワードでは

1ページ目に表示される可能性の高い

キーワード候補を25個も自動取得できました。

 

このように『クレジットカード』という激戦ジャンルでも

キーワード選定ツールを使えば驚くほどカンタンに

アクセスが集まることが分かっているキーワードに

初心者でも参入することができます。

 

ちなみに当サイトはこのツールを使用し

複合キーワード109000件の中でGoogle検索第一位を獲得しました。

記事公開から3日目でGoogle検索第一位です。

機能2
入力したキーワードの関連キーワードも自動抽出。
最大3階層下までの複合キーワードを抽出。
更にその複合キーワードも調査して狙い目かすぐに分かる。

 

機能3
ライバルサイトの情報を丸裸にできる。
入力したキーワードの 上位10位までのサイト情報を出してくれる。

  • サイトタイトルとURL
  • ページランク 被リンク数とMozデータの平均
  • タイトルに含まれるキーワード

これらライバルサイトの中身を知ることで、より質の高いコンテンツを作りやすい。

 

他ツール比較

コンパスやパンドラ2に比べて機能面では劣りますが
コストパフォーマンスは一番高い。アドセンスサイト作成に必要な
お宝キーワードを自動抽出する機能は必要十二分に備わっています。

 

■商品概要■

制作会社  Catch the Web

制作者  石川琢麻

販売価格(税込)8618円

 

特徴
コンパスはキーワードスカウターSの上位版です。
というのも、コンパスとキーワードスカウターSの製作会社は
同じCatch the Webです。
コンパスの方が新しく開発されたので
キーワードスカウターSの機能はすべて備わっている上に
サイトの検索順位を調べる機能が新たに追加されています。
(Windows/Mac両方に対応)

 

機能
サイトの検索順位はPC、スマホに対応。
登録したサイトの検索順位を保存してグラフ化できます。

 

この機能はライバルサイトの順位をチャックするだけでなく
自分のサイト順位の推移をグラフ分析することで
このSEO対策でサイト順位が上がった(下がった)と
結果を見ながら修正ができるのが強みですね。
サイト登録数も制限ありません。

 

中古ドメインも調査可能 ドメイン解析で

上位表示されやすいか否かすぐに分かってしまいます。

中古ドメインを買う時にも役立つツールですね。

 

他ツール比較

パンドラ2に比べ機能は劣りますが、コストは安くなります。

キーワードスカウターSと比較して機能は上ですが

サイト調査や中古ドメインチェック機能があるだけで

プラス3000円のコスト高は意見が分かれるところです。

ただしキーワードスカウターSはWindows限定なので

Macユーザーはコンパスになりますね。

 

制作会社 Catch the Web Asia Sdn Bhd.
制作者 横山 直広  
  

販売価格(税込)29800円

       

特徴

パンドラ2はアフィリエイターに必要な機能がすべて揃っていて
キーワードツール市場の中で別格なツールになります。
主に物販、PPCアフィリエイター向けのツールとして有名で
このジャンルで稼いでるほとんどのアフィリエイターは
パンドラ2の愛用者ですね。
その反面、機能の多さから使いこなせていない人も多い。
(Windows/Mac両方に対応)

 

機能

パンドラ2は主にPPCアフィリエイト戦略に特化したツール
キーワードスカウターSの機能はすべて備わっていて
ライバルがどんな『商品』を、どんな『キーワード』で、
どんな『広告アプローチ(説明文)』を出して
PPC広告に出稿しているのかを知ることができます。

 

しかも過去の広告投稿の履歴も見れるので
稼いでるPPCアフィリエイターにとっては
出回りすぎても困るツールでもあるんですね。

 

PPCアフィリエイトのサイトは主にペラページで
1ページにタイトル、説明文、広告というシンプルなもの。

 

このジャンルで必要なのは

  • キーワード選定
  • 広告費用

 

ここを間違えなければ爆発的に稼げます。
100万の広告費用で150万回収していく世界です。
さらに桁を増やして広告費用をかけたら・・
資金力がモノを言う世界なので我々庶民アドセンサーには
ちょっと敷地が高すぎますね。

 

パンドラ2の高機能はアドセンスサイト作成に必要なのか?

コストをかけてまで手に入れるメリットがあるのか?

意見が分かれるところです。

 

他ツールとの比較
PPCアフィリエイターにとっては重宝するツールで
キーワードツール市場でも別格の機能性ですが
しかし機能が多するゆえに、目的を見失うと意味がないものになります。
シンプルにお宝キーワードを探すなら

コストパフォーマンスに優れた
『キーワードスカウターS』『コンパス』になります。

 

※販売価格は税込で、月額料金ではなく
一回きりの買いきり価格です。

唯一の推奨商材
プロフィール

大福です。アドセンス収益累計200万突破しました。
なんでみんなやらないんだろ?って思うほどカンタンです。
アドセンスで稼ぐ方法を無料で公開しています。

プロフィール詳細
Google検索第一位を獲得

当サイトは
【有料キーワードツールアドセンス】
複合キーワード109000件の中から
記事公開わずか3日で
Google検索第一位を獲得しました。
カテゴリー
人気ブログランキング

ページの先頭へ