【★★★★★】殿堂入りキーワード選定ツール

目安時間:約 11分

 

殿堂入りキーワード選定ツール

 

この3つのキーワード選定ツールを選んで
キーワード選びに失敗することは考えられません。
これからアドセンスをするなら
アドセンス収益には到底及ばない初期投資になるはずです。

 

ここで紹介するツールはそれぞれ特徴がありますので
自分が求めているのは『コストパフォーマンス』なのか
『機能性』なのかをよく見極めて選びましょう。

■商品概要■
制作会社  Catch the Web

制作者  石川琢麻

販売価格(税込)5,378円

 

特徴
アドセンスのお宝キーワード選定ならこれ一つで必要十二分。
SEO不要で上位表示できるお宝キーワードがすぐ見つかる。
常に最新の検索エンジン情報なので信頼性も◎
コスパも良く、初心者にも使いやすい。
Windows対応。※Macは不可。

 

機能1
狙うべきお宝キーワードがすぐに分かる。

平均クリック単価を10倍以上にすることも可能。
『intitle件数』は指定したキーワードを一部含むWebページの数
『★allintitle件数』は指定したキーワードが完全一致しているWebページの数
★つまり直接のライバルサイト
この『intitle』と『allintitle』の倍率に開きがあればあるほど
ライバルの少ないお宝キーワードと言える訳です。
SEO不要で上位表示できるキーワードが一瞬で分かります。
(トレンドキーワードにも対応)

 

Google検索は1ページ目に表示されるサイトの数は10。

ということは、

allintitle(直接のライバルサイト)が9までで

intitleの倍率に開きがあり月間検索数が多いお宝キーワードが見つかれば
あなたのサイトが そのキーワードで1ページ目に表示される可能性が高い。

 

しかもGoogleキーワードプランナーと連携できるので
PC、スマホそれぞれのの月間検索数とクリック単価が分かる。
 
このすごさが分かりますよね? だって
アドセンス収益=アクセス数×クリック単価 で決まります。
狙ったキーワードの月間検索数とクリック単価も一覧で分かるので

収益を上げやすくなるのは言うまでもありません。

 

高単価ジャンルはクレジットカード、キャッシング、車査定、転職などですが

その分ライバルも多く激戦ジャンルになり初心者は参入し難いですが

このツールを使えば初心者でも高単価ジャンルの参入で

平均クリック単価を10倍以上にすることが可能です。

 

『クレジットカード 最短』で検索すると・・・

A:キーワード

B:月間検索数

C:クリック単価

D:需要と、供給するライバルサイト数

 

アドセンスの平均クリック単価は30円~40円ですが、

上記のキーワードジャンルでは平均クリック単価455円にもなります。

(平均クリック単価の10倍)

 

『allintitle』の数にも注目してください。

Google検索は1ページ目に表示されるサイトの数は10。

ということは あなたが上記のキーワードを

タイトル、記事に含ませれば1ページ目に表示され
訪問者がピンポイントで流れ込んでくる可能性が高いのです。

 

A:『クレジットカード 最短』キーワードでは

1ページ目に表示される可能性の高い

キーワード候補を25個も自動取得できました。

 

このように『クレジットカード』という激戦ジャンルでも

キーワード選定ツールを使えば驚くほどカンタンに

アクセスが集まることが分かっているキーワードに

初心者でも参入することができます。

 

ちなみに当サイトはこのツールを使用し

複合キーワード109000件の中でGoogle検索第一位を獲得しました。

記事公開から3日目でGoogle検索第一位です。

機能2
入力したキーワードの関連キーワードも自動抽出。
最大3階層下までの複合キーワードを抽出。
更にその複合キーワードも調査して狙い目かすぐに分かる。

 

機能3
ライバルサイトの情報を丸裸にできる。
入力したキーワードの 上位10位までのサイト情報を出してくれる。

  • サイトタイトルとURL
  • ページランク 被リンク数とMozデータの平均
  • タイトルに含まれるキーワード

これらライバルサイトの中身を知ることで、より質の高いコンテンツを作りやすい。

 

他ツール比較

コンパスやパンドラ2に比べて機能面では劣りますが
コストパフォーマンスは一番高い。アドセンスサイト作成に必要な
お宝キーワードを自動抽出する機能は必要十二分に備わっています。

 

■商品概要■

制作会社  Catch the Web

制作者  石川琢麻

販売価格(税込)8618円

 

特徴
コンパスはキーワードスカウターSの上位版です。
というのも、コンパスとキーワードスカウターSの製作会社は
同じCatch the Webです。
コンパスの方が新しく開発されたので
キーワードスカウターSの機能はすべて備わっている上に
サイトの検索順位を調べる機能が新たに追加されています。
(Windows/Mac両方に対応)

 

機能
サイトの検索順位はPC、スマホに対応。
登録したサイトの検索順位を保存してグラフ化できます。

 

この機能はライバルサイトの順位をチャックするだけでなく
自分のサイト順位の推移をグラフ分析することで
このSEO対策でサイト順位が上がった(下がった)と
結果を見ながら修正ができるのが強みですね。
サイト登録数も制限ありません。

 

中古ドメインも調査可能 ドメイン解析で

上位表示されやすいか否かすぐに分かってしまいます。

中古ドメインを買う時にも役立つツールですね。

 

他ツール比較

パンドラ2に比べ機能は劣りますが、コストは安くなります。

キーワードスカウターSと比較して機能は上ですが

サイト調査や中古ドメインチェック機能があるだけで

プラス3000円のコスト高は意見が分かれるところです。

ただしキーワードスカウターSはWindows限定なので

Macユーザーはコンパスになりますね。

 

制作会社 Catch the Web Asia Sdn Bhd.
制作者 横山 直広  
  

販売価格(税込)29800円

       

特徴

パンドラ2はアフィリエイターに必要な機能がすべて揃っていて
キーワードツール市場の中で別格なツールになります。
主に物販、PPCアフィリエイター向けのツールとして有名で
このジャンルで稼いでるほとんどのアフィリエイターは
パンドラ2の愛用者ですね。
その反面、機能の多さから使いこなせていない人も多い。
(Windows/Mac両方に対応)

 

機能

パンドラ2は主にPPCアフィリエイト戦略に特化したツール
キーワードスカウターSの機能はすべて備わっていて
ライバルがどんな『商品』を、どんな『キーワード』で、
どんな『広告アプローチ(説明文)』を出して
PPC広告に出稿しているのかを知ることができます。

 

しかも過去の広告投稿の履歴も見れるので
稼いでるPPCアフィリエイターにとっては
出回りすぎても困るツールでもあるんですね。

 

PPCアフィリエイトのサイトは主にペラページで
1ページにタイトル、説明文、広告というシンプルなもの。

 

このジャンルで必要なのは

  • キーワード選定
  • 広告費用

 

ここを間違えなければ爆発的に稼げます。
100万の広告費用で150万回収していく世界です。
さらに桁を増やして広告費用をかけたら・・
資金力がモノを言う世界なので我々庶民アドセンサーには
ちょっと敷地が高すぎますね。

 

パンドラ2の高機能はアドセンスサイト作成に必要なのか?

コストをかけてまで手に入れるメリットがあるのか?

意見が分かれるところです。

 

他ツールとの比較
PPCアフィリエイターにとっては重宝するツールで
キーワードツール市場でも別格の機能性ですが
しかし機能が多するゆえに、目的を見失うと意味がないものになります。
シンプルにお宝キーワードを探すなら

コストパフォーマンスに優れた
『キーワードスカウターS』『コンパス』になります。

 

※販売価格は税込で、月額料金ではなく
一回きりの買いきり価格です。

唯一の推奨商材
プロフィール

大福です。アドセンス収益累計200万突破しました。
なんでみんなやらないんだろ?って思うほどカンタンです。
アドセンスで稼ぐ方法を無料で公開しています。

プロフィール詳細
Google検索第一位を獲得

当サイトは
【有料キーワードツールアドセンス】
複合キーワード109000件の中から
記事公開わずか3日で
Google検索第一位を獲得しました。
カテゴリー
人気ブログランキング

ページの先頭へ