アドセンス一次審査は楽天、アマゾンなど他社広告貼っていたら不合格になるの?

目安時間:約 4分

【質問】

 

アドセンス審査は他の広告(楽天、アマゾン)を貼っていたら
一次審査に合格しないの?

 

【回答】

 

アドセンスと併せて楽天アフィリエイト、amazonアソシエイト
一緒に広告を表示させても問題ありません。
ただし条件付です!

 

それはグーグルアドセンスの広告と、他の広告を明確に区別すること。
アドセンス広告には【スポンサーリンク】もしくは【広告】
と表示することになっていますが、
他の広告、例えば楽天は【楽天 広告】amazonは【amazon 広告】
と明確にアドセンス広告とハッキリ違いが分かることが条件です。

 

ここで注意しておきたいのが、他社広告(楽天、amazonなど)が
アドセンスポリシー違反でない広告表示することです。
もう一度グーグルプログラムポリシーを読んでみましょう。

 

(グーグルプログラムポリシー引用)
Google 広告が掲載されるページで、
次を含めること、または次にリンクすることはできません。

 

ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ
暴力的なコンテンツ 差別的な発言
(人種、民族、宗教、障害、性別、年齢、従軍経験、性的嗜好
/ 性同一性に基づく特定の個人や
集団への差別や暴力を助長するコンテンツを含む)
や、嫌がらせやいじめなどに類するコンテンツ
(個人や集団に対する攻撃を奨励するコンテンツ)

 

不適切な表現

ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
迷惑ソフトウェアに関するポリシーに違反するソフトウェアや他のコンテンツ
不正なソフトウェアやアドウェア
違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
絶滅危惧種を原材料とする商品を奨励、販売、宣伝するコンテンツ

 

ビールやアルコール度の高い酒類の販売
タバコやタバコ関連商品の販売
処方箋医薬品の販売
武器および兵器や弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、
戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
授業や講義の課題、または論文の販売や配布
報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、
メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ
その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、
他者の法的権利を侵害するコンテンツ

 

また、主なコンテンツで AdSense 未対応の言語が使われているページに
AdSense コードを配置することは許可されません。

 

プログラムポリシーの通り、ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ
ビールやアルコール度の高い酒類の販売、タバコやタバコ関連商品の販売
(ギャンブルもグレーゾーンなので外しておいた方がよいでしょう。)
これらの広告を扱うサイトにアドセンス広告と一緒にしてはならない。

なのでアドセンス審査は 他社広告と一緒にしない方が無難ですね。
また収益面でも他社広告と混在すると
アドセンス収益自体は下がってしまうことははありますね。

 

■まとめ
アドセンスと同じサイトに他社広告があっても審査には通る。

ただしプログラムポリシーに反する広告
(ポルノアダルト向け成人向けのコンテンツ)
(ビールやアルコール度の高い酒類の販売)
(タバコやタバコ関連商品の販売)
(ギャンブル)

これらに関連した広告がに他社広告に表示されると
審査に落ちる可能性がある。

 

以上です。

唯一の推奨商材
プロフィール

大福です。アドセンス収益累計200万突破しました。
なんでみんなやらないんだろ?って思うほどカンタンです。
アドセンスで稼ぐ方法を無料で公開しています。

プロフィール詳細
Google検索第一位を獲得

当サイトは
【有料キーワードツールアドセンス】
複合キーワード109000件の中から
記事公開わずか3日で
Google検索第一位を獲得しました。
カテゴリー
人気ブログランキング

ページの先頭へ